作品展:がん患者、家族の210点--きょう、あす・神戸で /兵庫

作品展:がん患者、家族の210点--きょう、あす・神戸で /兵庫

27と28(午後4時までの午前10時の午後5時と28)の両日に山を下る4つの患者と癌が発生している家族がshutsuuの展示室の中で県のホール画廊の住民で開かれるというアートワークを示す「簡単日本の癌の協会」(神戸市とTakeshi中原議長)神戸市の中央区の処女作展示会。
7人の患者、遺族、医療関係者、およびそれを支持した人を含む家族などの約70人は水彩絵の具、油絵、本、工芸品、および手芸などのような約210ポイントの多彩な仕事を示しました。

「簡単日本の癌の協会」は08年の就任です。 苦しむ者と家族は癌のため養われます、そして、「それは、満足であって、明るいこと」は生きるために活動を開発します。 癌を除いた注意を向けても呼ばれるアートワークの生産は展示会として人生から楽しみを得ました。 また、仕事が重い症状における展示会の目的について完了した後に、死んだ人がいると言われています。
中原議長「重大なエネルギーは私によってどの仕事かから感じられます。 必ず、見るには、来てください。 」それは話します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


子宮がん・乳がん:検診受診率向上へ 鳥取市、手帳と無料クーポン /鳥取 »
« 元高校球児:再び目指す「甲子園」 がん克服、K-1へ