元高校球児:再び目指す「甲子園」 がん克服、K-1へ

元高校球児:再び目指す「甲子園」 がん克服、K-1へ

傾けてください。去年の春の第80記念選抜高校野球大会に参加する栃木の県の宇都宮南量の元野球会員のために3年の同じ学校の高校生の幼い癌を伴う28日の日本の格技先端が栃木県西町=草地亮**と等しいと決める「K1?Koshien」(18)の関東地区予選集会に参加する、(. . 空になってください)、野球を捨てた。 “Koshien”における願望は余儀なくそれがsenbatsuを目的とした時代に病気人生に対する戦いをしたという範囲に熱いです。
草地は同じ学校球団の内野手で2年の県の春の集会にベンチを入れました。 しかしながら、夏の集会、それが’07 7月の一種の癌である胎児型性横紋筋肉腫と診断されて、東京の病院に入院する前に、それは、人の健康をひっくり返しました。 それは腫瘍(腫瘍)の切除手術に成功しました、そして、最後に1月を病院に発ちました。 Koshienのスタンドを助けるのは3月のsenbatsuが可能になりましたが、長期入院で留年するようになりました。それ。
遅く、野球は入力ためかスタンドに来ました。置くのについて気持ちを止めるのが失われている、それはなじみ深くなりました。1 クラスは明るい性格で、より若いです。 「それはputtsuriで緊張のストリングを切ったように思えました。 それは、主張されるか否かに関係なく、心配したように心配しました。 」。監督の教師の篠崎篤の(44)は振り向きます。
そして、それは、草地の心をつかんだ「K1?」でした。 それは8年間小学校の2年から空手体育館によく行きました、そして、格技への強い関心がありました。 それは今年の5月に宇都宮都市のキックボクシング体育館の習慣まで運転するようになります、そして、退院するとき、44キログラムであった重さは最大57キロも増加させました。 体育館の金沢(42)Yuichi議長は自然を認めます、「感覚は良いです、そして、また、吸収も早いです」と言って。

62theKに参加する、約40が住ませる関東地区予選に従ったクラスは、28日に千葉県の木更津市に参加して、第開かれます。 月の最後の大きい日の決勝に参加するのにおいて可能です: 全の国の4人だけで。 道路は急ですが、草地は積極的です。
「それは現在、いちずに練習されるだけです。 目標を持ち続けるとき、それは良い傾向があるに違いありません。 」

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


作品展:がん患者、家族の210点--きょう、あす・神戸で /兵庫 »
« 京漬物の乳酸菌で健康づくり 免疫力向上 がん予防、美容にも