慰謝料の支払いで和解 四国がんセンター

慰謝料の支払いで和解 四国がんセンター

問題は残っていました、そして、肺癌手術が四国がんセンター(松山市)で受けられると思われて、松山市の女性(82): . 和解は、慰謝料などのような約4660万円を要求するために訴訟に承認されました; 独立行政法人国立病院メカニズムと病院が26日に慰謝料などを支払うこと次第で松山地方裁判所(山本すばらしい体力歴史司会は判断する)で病院を管理した医師から。
下半身が麻痺させる問題が医師が止血剤の取り外しを無視したので、残って、女性が2005年11月に同じセンターで手術を受けましたが、ケースをもたらしたと思われました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


セシール、乳がんを克服した女性のためのブラジャー「ブレストケアブラ」を発売 »
« 広島国際がんセンター:南区に設立へ 民間主導で /広島