出版:がん闘病やサロン開設 元看護師・多久和さん、体験を本に /島根

出版:がん闘病やサロン開設 元看護師・多久和さん、体験を本に /島根

- 「立ち直りと医療開発」
(61) = 「それが県の癌患者客間の設立経営に取り組んだ元看護師の多久wakazukoに孤独過ぎたので、同じように癌患者に会う」ための癌の「自分自身の費用における出雲市の分野村の町=はこれを発行した」それが戦いをつづった病気経験、癌患者客間の活動など。
多久調和さんは、十二指腸癌と2月のすい臓癌、’10月05日’のときに手術を受けました。 島根大学医学部で癌を知っているとき、客間は「私は同じ癌患者と話したかったです」であると思われた経験から設立されました。7月(’06フィート)の付属病院。 それは合計で4つの場所での客間の設立と経営にかかわりました。
多久ハーモニさんのしつけから始動された本、乗り切られて、得られた病気人生に対する戦いは不安と恐怖で気を滅入らせて、我慢強い仲間を共有した客間を始動するようになった経験など、悲しみ、および苦しんでいるお互いをつづりました。 多久調和さんは発行されます、そして、絵葉書の書くことなどのなどが植える写真と客間は発行されます。
多久調和さん「だれも気付かれたノーが看護師として経験であれば診察しないでしょうに。もっとも、癌患者を診察しました。 歓迎されていますが、それは患者の立ち直りと医療の開発の役に立ちます。 」それは話します。
税金を含むこと四六判、136ページ、および1000円の。 問い合せは中のサンの中央の最新の報告会社(0852・32・3420)です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん闘病3年、女優ファラ・フォーセットさんが死去 »
« ホスピス専門医が命の大切さについて講演