ホスピス専門医が命の大切さについて講演

ホスピス専門医が命の大切さについて講演

非常に、中で癌を専門にしながらそれを扱っていた、**ottoが治療する山岡は、長年都市のホスピスなどで人生の重要性について講義しました。 講師として行われたことで勤めた山岡の医師、サイコロメモリアルが修理する県の中でhoumumatsubaを管理する「Fuukore**」のものは、県の病院でまさしくそのである、長年都市のホスピスなどで癌の専門にこの講演会を扱っています。 権利を与えられた山岡の医師、「重要な1つを失った人」、および昨年先で家族を失った約160人の講義された遺族。 「死の間近い人の単語と思い出を心に彫って、残されていたあなたがそうした人生で高められた状態で発信するのは、重要でした」とこれまで講演の中を見て、それを取った癌患者と家族の経験を引用している間、それは上告されました。 山岡の医師は、家の終わりの期間が来るとき、癌患者が計画するように、来月都市に訪問診療の専門クリニックをたいへんオープンするのを計画しています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


出版:がん闘病やサロン開設 元看護師・多久和さん、体験を本に /島根 »
« 病院側と原告和解へ がんセンター手術障害訴訟