病院側と原告和解へ がんセンター手術障害訴訟

病院側と原告和解へ がんセンター手術障害訴訟

重い障害が同じ都市に不適当な通信による肺癌手術がいつ松山市で四国がんセンターで受けられるか、そして、女性のままで80代に残っていたと思われます: センターを経営する独立行政法人国立病院メカニズム(目黒区、東京)と松山地方裁判所の訴訟における約4600万円の損害賠償を要求した医師は、相手から慰謝料などが好きです。 和解がディフェンスが慰謝料などのような約3500万円支払って、26日に承認されると予想するのがパーティーの話からの25番目は関係があったのを理解していました。 肺癌における手術が2005年11月に同じセンターで受けられるとき、上告に従って、医師は、女性に止血剤「サージセル」を使用します。 女性が下半身に懇願するように、操作の2日後のまひ、別の総合病院の診断によるボディーの内部の止血剤であり集まるように、持っているのが脊椎(脊椎)を押したと判明しました。 除去術が受けられましたが、24時間介助が必要であった問題が残っていたと言われています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ホスピス専門医が命の大切さについて講演 »
« ファラ・フォーセットさん死去、がん闘病中