がん患者 命のリレー  9月に支援イベント

がん患者 命のリレー  9月に支援イベント

それは、3人の病気女性と、講演と、PRです。癌患者を支持するチャリティイベント「リレーフォの寿命(RFL)」(日本癌の社会対などのように後援する)が、9月に埼玉市で初めて、県の中で開催されます。 県の生活の3人の女性、また、だれに関して、それは、実行委員会であり、出来事の前に浦和大学(埼玉市の緑地地域)で説教された癌患者であり、気持ちの経験と変化は話されましたか?
RFLは、リレーフォームで癌患者でチームを結合させて、ランナーとしての24時間の地面の中を交替して歩き続ける試みです。 患者が1985年に合衆国で医師を始めたので、それは癌と24時間戦うと言うかもしれません。その人。 2006年に茨城県で始まった後に、それは全国的な様々な場所で国内で実行されます。講演会が、16日に学生の合計で約300人を監査して、行われました。 甲状腺癌などを得た新城和子(57)(白岡町)が、癌で特有に点検を繰り返して、それの後に東京(モルヒネで離れていない味わわれた苦しみ)の病院に入院しました。 それは今、RFLのために準備に努力します。 「健康であったときに、それは、あなたに会うことができませんでした。 多くの経験と多くの人々に会うために感謝したいと思います。 」それは話しました。
乳癌は02、および重要性で自発的に情報が多量から上告されて、話されたのが正しい状態で得られたものを設立することでした。丘に宝石をちりばめさせてください。 ..蓄積手術を受けた癌の情報ko(47)(埼玉市) 「RFLはroであるところで患者のものから助けることができたこと」で。 まだ忘れているのが、可能でなかったなら、それは乳癌の治療でした、そして、痛みがありませんでした、そして、髪が離れた感じは、それが良いのをヘッドに示しました、そして、プラットホームでかつらを取りました、そして、別の女性(43)にとって、髪は薄いです。 「それは、多くの人々によって奨励されて、人に入る勇気ができました。 病気は私を変えました。 」それは話しました。
それについて講義した後に、3年の統合福祉教授陣Keita Kudo(21)は「強力であるのが、3人の上向きの外観のフェルトであり、もっとも、また、私には腫瘍(腫瘍)があったので、それは苦痛であっ」て、atsu山本(20)について説明する「否定的イメージだけではなく、多くのミーティングがあるプラス面も理解されます」でした。 浦和大学は、再び説明会を開いて、イベント関係者を募集します。
「リレーフォ人生日本2009イン埼玉」は、午後1時、9月12日に「農業者訓練所緑色の広場」で埼玉市の緑地地域を始めます。 実行委員会は参加チームとボランティアを編成しています。 入会手続料では、それは1万円1つのチーム(10人以上)のチームです、そして、1人あたり9民族か、より少なくて個々の参加が1000円(癌患者は自由である)です。 保険などを引く量を癌の社会に寄付します。 問い合せ: 実行委員会(0480・92・6708)に。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんを生きる:鳥越俊太郎の挑戦/5止 命のリレー、連綿と »
« 乳がん検診見落とし訴訟