【ゆうゆうLife】国立がんセンターが「患者手帳」活用法の講座開催

【ゆうゆうLife】国立がんセンターが「患者手帳」活用法の講座開催

国立がんセンター(東京中央区)は治療法、人生方法、癌の地域情報などを一緒にもたらす我慢強い紙入れの「我慢強い不可欠」を発行します。 したがって、それ、半分、方法などは4時に同じセンターの国際的な研究交換ホールの国際会議センターにおける3階で午後1時と、紙入れのDetailsと使用のセミナーの7月11日では、開催されます。 講師は栃木の県のがんセンター病院のHideaki清水の代表です。他。 参加は無料です。 18の場所のリレーホールでさえ全国を通じてさらに同じ内容を聞くことができます。大阪の県の老人病は(本館ホールにおける6階)を中心に置きます… 先願が東京(築地)のホールと大阪ホールに必要です。 アプリケーションと問い合せなどは市民のための癌の情報講演会事務局0422・59・1878です(TEL)。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん対策推進協議会の議論に期待-舛添厚労相 »
« がん検診 忘れずに 高岡の協議会、傘飾り作り