がん検診 忘れずに 高岡の協議会、傘飾り作り

がん検診 忘れずに 高岡の協議会、傘飾り作り

高岡市のHealthボランティア会議は、23日の市民に癌の診察を進めるために啓発商品としてすてきなかさのデコレーション作成を始めました。
健康管理、行動するこの会議は、以前からの口頭による癌の診察を市民に求めています。 知り合いが癌で死ぬときはいつも、メンバーは「診察を受け」て心を傷つけました。 掛けられて、いつも癌の診察がそうであったとしても、ものがある自然は普通さを作って、啓発財貨生産は初めて、計画されていました。
65人のメンバーが、この日に博労公会堂で働いていました。 長さ約15センチメートルのかさは、折り紙とワイヤを使用することによって、作られました。 それは「癌の診察を受けよう」ことです。 「ハンドルの部分。」 「忘却。 癌の診察」ひときれの紙を提供するビーズは、すてきに使用されて、完了しました。 それは将来集まるでしょう、そして、合計で約800の断片が作られています、そして、「それはkayowai(平目)の夏のフェスティバルです」などが7月に市民体育館で開いた健康現象は市民にそれを分配します。
高橋(56)Mikiko議長「町でボランティアを一緒にしていた人は、癌にかかりました、そして、それは3カ月の病気に対する戦いで死にました。 なじみ深い。入賞してください。啓発。商品。叙勲してください。いつも。診察。言及します。相談。やってみてください。なってください。」それは願われていました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


【ゆうゆうLife】国立がんセンターが「患者手帳」活用法の講座開催 »
« 若いころの肥満はすい臓がんリスクを高める、米研究