若いころの肥満はすい臓がんリスクを高める、米研究

若いころの肥満はすい臓がんリスクを高める、米研究

【6月24日のAFP】結果がすい臓癌の危険を改良すると仮定した研究は23日に成人早期に肥満のように発表されました。
米国テキサス大学(テキサス大)MDアンダーソンがんセンターの研究グループは適用されて、焦点がどの時代に簡単にされるすい臓癌が、初めて発症するかどうかまで太ったかという疫学調査を実行しました。 いつ生存率の関係また、展開していて、展開している、癌のBMI(BMI値)はそうでした。調査にされる。
肥満であった人で60%、および2-3にそれを肥満でなかった人のものと同じくらい高く調節するのと高い同じくらい多くもそれでした。次に、肥満であった人のすい臓癌の攻撃率、それ、14-19 20 40代さ歳のときに。 40代に太った人のすい臓癌の攻撃率とそれが少し契約した肥満でなかった人の違いであり、50代より多くの攻撃率の顕著な相違が全くありませんでした。
調査では、展開する可能性はそうでした。または、肥満の人、太り過ぎはっきりさせられます。すい臓癌初期段階とそれははっきりさせられました。また、高かったです。 (c)AFP

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん検診 忘れずに 高岡の協議会、傘飾り作り »
« オンコセラピーが高い・膵臓がん治療ワクチンを10年末にも申請と報道