乳がん撲滅活動の岸川さんに女性栄誉賞 「最大の希望は生きること」

乳がん撲滅活動の岸川さんに女性栄誉賞 「最大の希望は生きること」

最近、乳癌の我慢強い協会ブランチSuzuko Kishikawa「夜明けの協会長崎支店」(69)のヘッドへの地域社会への貢献であるとこのミーティングメンバーによって思われて、「女性の名誉の賞」が提示された国際Omura Soroptimist(老人の議長をizumimichikoします)。 さん/さん Kishikawaは何度も由来する癌と戦っている間に乳癌の早期発見を求める活動を続けています。 さん/さん Kishikawa: 表彰式で。 「乳癌患者のために一生懸命全国を通じて働きたいと思います。 それは乳癌への努力を撲滅にします。 」解決して、涙は話しました。
国際Soroptimistは「女性と少女の人生は改良されている」女性の国際的なボランティア組織における活動が従事していたビジネスに取り組んで、職業です。
「女性の名誉の賞」では、地域社会への顕著な貢献をした女性は、職業とボランティア活動を通した物です。 さん/さん Kishikawaは1987年後に乳癌になって、「夜明けの協会長崎支店」を設立します。 乳癌早期発見の患者の情報交換と啓発活動は続けられています。 それはそうでした。癌のぶり返しと繰り返された出発と戦っている間に活動のヘッドで耐える外観が「サービスにおける閣下」を示したのは、評価されています。

さん/さん 車椅子で表彰式に出席したKishikawa「完全である、謝意で。 一生懸命、勝利が聞かれて、それが4番目の癌の再発であり、下部に存在しましたが、回復するのは、働いています。 私の今日の最大の望みに生きてください。 明日、呼吸したいと思います。 」それは声を妨げている間、涙でそれに挨拶します。 「12月に70年ものの誕生日を得ます。 記念の基金を立ち上げたいと思います。 絶対に、生き残りたいと思います。 」パワーが置かれたとき、暖かい拍手は出席している人によって送られました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ライアン・オニール、がん闘病中の女優F・フォーセットとの結婚を発表 »
« がん検診 8月から夕方にも 富山市 子宮、乳がんなど対象