がん検診 8月から夕方にも 富山市 子宮、乳がんなど対象

がん検診 8月から夕方にも 富山市 子宮、乳がんなど対象

富山市は晩本年度に乳癌と子宮癌の診察相談速度向上がないかどうか調べられます。 参事会質問の22日の通常の会っている一般的な6月に、都市は、Masaaki小沢(公正)に答えました。
16.7%未満の滝ですが、2007年の年度の都市の癌の診察の受診率は20パーセントに近づきません、そして、全国平均での18.8%は子宮癌に近づきます、そして、14.2より19.2%も高い%が乳癌ですか?
午後に、都市4が診察が商用で受けられない女性のための8月からの昼間の都市の様々な地域の健康福利事業所にありますか?診察は晩に5時に受け入れた状態で始められます。 物は、子宮と、ミルクと、肺癌です。 それは押されます、そして、乳癌に伴う専門家を招待する啓発セミナーは、9月に何カ月も間でも癌の征服で開催されます。 適切な人の抽出、チケットの印刷、および点検実行組織との会議で乳癌診察の国と自由なバウチャーによる子宮が秋の後に医師分配に相談できるという期待。
別のものと久谷口清1(自民)Fukai(民政ku)でYukari AkaboshiとMasayuki中山(共産主義)はこの日に一般に関して質問しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


乳がん撲滅活動の岸川さんに女性栄誉賞 「最大の希望は生きること」 »
« がんを生きる:鳥越俊太郎の挑戦/3 「羅針盤」筑紫哲也さん