Dr.中川のがんから死生をみつめる:/12 難しい「死亡宣告」

Dr.中川のがんから死生をみつめる:/12 難しい「死亡宣告」

心臓が止まったとしても個々の内臓とセルが死んだとき、実際に難しいときに、それが個人としてさまざまに死の時間について決めると言われました。 そして、「法律上の死」について決めるのは、医師の仕事です。 死刑宣告が好調に実行される、「それがある、いくつが何時に数分間続くか、」 しかしながら、心電図の波の形は後で移るでしょう、そして、また、私は時折死刑宣告における、「残り」の大きい息を経験しました。
「死刑宣告」は、したがって、ばく然と、(あいまいさ)が医師が元々多細胞生物の死を定義するのが、難しいということであるということです。 さらに多く、死の判断は薬に関する知識が不十分であった時代に簡単でなかったかもしれません。 「吹いて、返したこと」はそうしなければなりません。「息を受けた」という人… ”

古くは、死んだように思える人が本当に死んでいるか、またはそれは信念を持つことができないべきでした。 皇帝などのように高貴な人の死でするとき、実際に、エチケット「**(mogari)」をしました。 ‘死者は確認されました、そして、残りは一時棺(棺)に奉安されました、そして、別れを惜しみました、そして、死んでいる’精神が慰められましたが、本当に蘇ったかどうかが、かなり長い期間、葬儀suruに確認されました。 ‘「Dead’”Final死」は、復活を’白骨に腐って、死者を願いましたが、作る’残りによって確認されたかもしれません。 この**に関する「大きい喪服にお辞儀してください。」皇帝では、約1カ月Hirohitoをしました。
原則として、火葬は現在、24時間死から禁じられています。 航跡が**のマナーの残っている影響であると言われて、**の期間は短くされました。 故意に死を確認するものがお互いであったならば元々残されていた人々。
他方では、現代の「脳死」は前述であり、反対に「死はフォワードをもたらした」ということであるかもしれません。 脳の機能は失われて、心臓をそれが自分で吸い込むことができない状態ですが、人工呼吸器を適用することによって動かせ続けます。
現在の臓器移植法に関して、ドキュメントから人生の前に臓器移植の意志を表示しました、そして、遺族が同意するときだけ、「脳死であるボディー」からの内臓取り外しを認めています。 しかしながら、18日に問題の人の意思表示が全く先週なかったとしても、脳死移植が単に家族の同意で認められた法案は下院で可決されました。 (Keiichi中川、東京の大きい付属病院、および緩和剤の准教授は診療ディレクターについて気にかけます)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんを生きる:鳥越俊太郎の挑戦/3 「羅針盤」筑紫哲也さん »
« P&Gパンテーンとキャンサーリボンズ、女性がん患者に医療用ウィッグを無償提供する計画を発表