P&Gパンテーンとキャンサーリボンズ、女性がん患者に医療用ウィッグを無償提供する計画を発表

P&Gパンテーンとキャンサーリボンズ、女性がん患者に医療用ウィッグを無償提供する計画を発表

「パンテーン」というP&Gとkyansa-ribonzuのヘアケアブランドは、みんなの中でもとりわけ癌の我慢強いお互いの環境における、サポートの重要性が上告されることができるように、」 (ホール: 東京と三田の笹川記念ホール)が保持した女性の癌患者にとっての、「癌の最初のフィートデーはお互いを支持すること’による無料の医療のためにかつらを提供した「美のパワープロジェクト」記念フォーラムのアウトラインを発表しました。
公衆に知らせるという告発とPとジーンズのTe nの**Shimomuraの貴子「療法が女性の癌患者の多くで経験して、最大の心配の1つであると思われる制癌剤の副作用による’脱毛’。 次に、パンテーンは、2006年に合衆国とカナダの消費者から髪を提供して、医療のために髪でかつらを作って、無料で提供されたプロジェクトを進行します。 」外国で女性の癌患者にそれを支持すると、するのは既に強調されます。
そして、それによって、プロジェクトのバックグラウンドがわかります、「今回、’癌患者’の処理と人生は、つながったこと’が「美」の重要なポイントから患者のQOL(生活の質の改良)のサポートでパートナーシップをkyansa-ribonzuで始めて、活動して、始めたと言って」「接続日本の始められた’美のパワープロジェクト’。」 Shimomuraさんはこのプロジェクトの熱意に関して話しました、「女性の癌患者の経済負荷が無料で脱毛に対処した医療のためにかつらを提供することによって減少したとき、社会生活の維持は’美のパワープロジェクト’で支持されます」と言って。 髪の貢献は2008年秋にこの接近の前に看護学生に上げられました、そして、医療のための9個のかつらが寄付された髪の房から作られました、そして、それはそれを提示しました。 作られていて、今回、本当の髪の自然な感じ、および私の髪の道から提供しましたが、また、ヘッドに締めて、持つために強い状態でできるかつらが2時間普通のかつらでほとんど適用されなかったということになってください。医療が提示されたので、かつらが中の好きな外観であったさん/さんのヤング芸者浜中、「それが光の中で中で風を振った、」 そして、適用気持ち。
しかしながら、Shimomuraさんは、それが9つの断片に「まだ多くの医療のためのかつらは要求されている」としてわずか過ぎると指摘します。 このプロジェクトの「今年のそこの7月に、1個の製品が買って、10月の終わりのパンテーンの販売をkyansa-ribonzu DVDに寄付するということであるときはいつもの、ヘアケアと美容師方法を学ぶことができて、女性の癌患者にとって現在の100個以上のかつらとサポートを癌患者の「美」などにするTwo円が、稼がれて、分配されます。」存在saidNotification TVCMは6月にtelecastedされます、そして、多くの人々に同意して欲しいと思われます。
「美のパワー」プロジェクトのアウトライン
対象製品: パンテーン、すべての製品、(クリがニケアである、除かれる、)、期間: 貢献目標、オンですか? 7月1日水曜日の10月31日土曜日: 2000万円です(期待)。
P&Gは http://jp.pg.com/ と等しいです。
Pante-nburandosaitoは http://www.pantene.jp /kyansa-ribonzu= http://www.ribbonz.jp/ と等しいです。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


Dr.中川のがんから死生をみつめる:/12 難しい「死亡宣告」 »
« 受診率向上へ乳がん検診サイト開設