スター混声合唱団、「第1回『がん支えあいの日』記念フォーラム」でコンサートを実施

スター混声合唱団、「第1回『がん支えあいの日』記念フォーラム」でコンサートを実施

「複雑な声がどの才能がKuniko山田を導いたかに一緒に歌う星は、「癌の最初のフィートデーはお互いを支持する’という」 その(ホール: 東京と三田の笹川記念ホール)kyansa-ribonzuが持っていた記念フォーラムと、シンボルの歌でした」という癌のなどがお互いを支持する、「あなたのため重要である、enthusiasticallysを歌って、ホールに住ませる癌の我慢強いお互いへのサポートの重要性が言われた、」

リーダーのKuniko山田は、また、自らが癌を経験して、1年前に癌を根絶するためにスターの混ぜられた声のコーラスを形成します。 会員数が今で最大65人を増加させてしまうだろうと言われています。 今回、二度、また、星のメンバーが混入したので、Kuniko山田がコンサートに参加するより早く乳癌を克服するshouchiekoが、コーラスを声に出します。 2倍称賛「癌は自分で見つけられました。 胸が偶然こすられたとき、塊のようなものがあったので、それは病院に駆け込みました。 」それは解決されます、そして、自己経験小説を紹介します。

そのような2倍称賛の癌の経験が、あらかじめ2倍称賛がさん/さんのサポートになったと言うと聞いたKuniko山田 「私の癌の治療が2倍称賛から様々な話を聞くことができるのは、役に立ちました」と言って、克服される山田の癌。 2倍称賛は映画では、「遠吠えは城を動かしている」という「世界の約束」独奏を主題歌に歌いました。
夏を感じる旋律を中心としてまた、「海」などのホールの人が歌うことができるという旋律はコンサートで選択されます。 さん/さん 山田「癌が経験されたとき、それは様々な人々によって支持されました。 私と同じ事情の多くの人々がいたので、特に、私は驚いていました。 したがって、エネルギッシュになるとき、それができる勇気であったのが書かれた歌であって落ち着いていたなら、癌の患者による人です。 」「シンボルの歌」は「あなたの愛のため、スターの混ぜられた声のコーラスと共に発表されます」。 そして、「公開討論会などが置かれて、スターがコーラスが結合した声をホールに混ぜた、」 「あなたの愛のため、同じフォーラムの端で大いに一緒に歌いました」。
混ぜられたスターは、コーラス= http://sutakon.jp /kyansa-ribonzu= http://www.ribbonz.jp/ を声に出します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


受診率向上へ乳がん検診サイト開設 »
« 日本医療事務センター、がん専門の相談員をネット講座で養成