日本医療事務センター、がん専門の相談員をネット講座で養成

日本医療事務センター、がん専門の相談員をネット講座で養成

事務の日本の医療センター株式会社(本部: 社長と代表のディレクター: 修Tsuchiya)は、7月の特定非営利活動促進法人の癌のネットの日本(理事長: Kazuhiko吉田)と提携して「5番目のステージ癌の情報ナビゲータトレーニングコース」を始めたと発表しました。
パーソナルコンピュータ、および接続環境で教育講座に出席するためにこのコースは、いつでもどこでも講義に出席して、ものの場合のインターネットを使用することによって、言うことができます。
「相談サポートセンター(地方の同盟部屋)」のインストールは現在全国を通じて「がん対策販売促進基礎プラン」に基づいている375の施設癌の診断と処理のために癌患者の相談窓口としてベース病院で義務付けられますが、癌の専門のコンサルタントは不十分です。
このトレーニングコースのように癌の医療を専攻するプログラムをインストールしたのは、唯一が国内の存在であると仮定します。 そのうえ、140人の卒業生に関して癌の情報ナビゲータに関して既に相次いで現れました、そして、卒業生の多くが相談サポートの戦力として様々な場所の癌患者に活動している間、言います。
講義に出席するコースは32です、そして、講義に出席するという告発は14万円です。 学生割り引きと初期段階のアプリケーション割り引きは設定されます。
【5番目のステージ癌の情報ナビゲータトレーニングコースのアウトライン】
- 講義に出席するフォーム: 要求次第のウェブ学習システム(インターネットは使用されています)。- コースカリキュラム: 32 すべての講演の期間についてコースを始めますか? 2009年の12月18日金曜日の2009年7月1日水曜日の年
- 2009年5月の期間のSevenのときに申し込みを受け付けますか? 11月30日
- 講義に出席するという告発
定価: 14万人のyenStudent10万円(高校、専修学校、短大、および4年制大学に学校に通う予定である人)司令官
- 初期段階のアプリケーション割り引きの期間: 6月30日までの応募者だけが2万円を無視します。
初期段階のアプリケーション割り引き価格: 一般的な12万円の学生8万円
- 資格を得ているexaminationDate: 午前9時、2009年12月19日土曜日–午後9時、12月20日日曜日までItは調査方法です: それは五番目に、ステージとしてインターネット認定試験で公衆と実行検査料に公開されます: 1万500円。
- 問い合せ
東京の日本の医療事務センター〒101-8638の株式会社千代田区佐久間町3-2広報室青木神田と竹田TEL.03-3864-3667

・事務の日本の医療センター株式会社
・特定非営利活動促進法人の癌のネットの日本
・プレスリリース

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


スター混声合唱団、「第1回『がん支えあいの日』記念フォーラム」でコンサートを実施 »
« ’09記者リポート:緩和ケア くつろぐ空間重視 /石川