’09記者リポート:緩和ケア くつろぐ空間重視 /石川

’09記者リポート:緩和ケア くつろぐ空間重視 /石川

- 患者の望みに従った普及
患者の苦痛を和らげて、冷静にそれを費やすために処理を引き受ける緩和剤の注意。 「麻薬中毒になってください。」そして、「末期患者」、誤解は根強く、国の普及は遅れています。 実施のがん対策の基本法則はそれが取り組まなければならなかった測定として07年に関する処理の第一段階からパリアティブ・ケアの増進を列挙しました。 石川県の初めての緩和ケア病棟は協会の金沢で現実と問題を捜し求めました。設立された県は終わります、病院(260のアルコーブと金沢都市)。 【Sawamotoをmarikoします】

- 日常生活における空気

「ゆっくり息を吐いてください。」 「患者はこの病院の緩和ケア病棟の社交室に深呼吸しました。」 それはそれが誘導するボランティアのヨーガセラピストです。 さらに、折り紙と絵を経験できます。 すべての講師がその領域のボランティアです。 患者は読み込んで、チャットできるこの部屋の緩和の時間を過ごします。 「白いローブでない人と話して、日常生活で空気を感じるのは、重要なことです」、ryuusawayasushi、および緩和ケア病棟の医学のマスターは話します。
緩和ケア病棟では、操作も抗ガン剤管理なども扱われません。積極的… 出来事の把持、昼食バイキングなどが季節に合っていたので、それは精神的に気にかけるのに努力します。 癌を伴う痛みが強いときに、それです。オピオイド(医療のために、薬品を混ぜる)を使用することによって、緩和トライに苦痛を与えてください。
- 障害は、思いやりがなく、誤解されています。
痛みは、オピオイドを使用することによって患者が感じる80パーセントか一層の癌を制御できると仮定しました。 しかしながら、使用量は半分の欧米に近づきません。 理由として、医師の思いやりがなくて、無関心な*患者は、痛みを我慢していて、懇願しませんか? それは列挙されます。 また、「ドラッグ依存症になってください」との誤解も根強いです。 実際に、それは言われています。適切に医師の指導でそれを使用するなら、中毒の可能性がほとんどありません。
抗ガン剤処理は続けられていません、そして、十分な栄養を取るのが、可能でなく、日常生活は痛みであるときに、妨げられて、免疫の減少が耐えられるということであるかもしれません。 また、積極的な医療従事者(東京)の非営利団体”JPAP”事務局は、「痛みを和らげることによって、積極的になります、そして、また、治療効果は上ります。」と疼痛治療に主張します。

- 我慢強い規格で

(84) = 金沢都市=が妻のKimikoの世話をした、(80歳、その時)、07年間桑のようにこの病院の緩和ケア病棟でsawajun、ichiに口の癌に苦しんだ。 癌が背骨に転移して、歩くのは旅行と出かけるのが好きであったKimikoに不可能になります。 看護師は、車椅子をつけて、「再び歩きたいと思います」と散歩に不平を言ったKimikoを連れて行きました。
リハビリテーション。 足洗い。 クリスマス。 時間の多くの両方が費やされました。 「一生懸命働き過ぎるとき、また、看病側は、失敗します。 余地は、専門家に任せるために生まれました、そして、妻と私は多くの思い出をすることができました。 」それは振り向きます。
- 滞在することにおけるパリアティブ・ケアの道路も

Palliativeがユニットについて気にかける病院は存在します。県の中の石川は2つの場所です。 富山と福井は2つの病院であり、状況は、示すことができない十分です。 ryuusawa医学のマスターは、「緩和剤の注意を研究する見込みが全くないのが、本当であり、医師と働こうとする看護師は、わずかです。」と指摘します。 緩和剤の注意に関する講演は自らとそれを受け取らなかった授業日のときに言われます。
3人という1人が癌で死んだら、年をとってください。 滞在する際にパリアティブ・ケアを期待する患者は、わずかではありません。 「あなたは一人で注意するとそれを行うことができますか?」と「状態急転するとき、あなたは、どのようにするべきですか?」だれが患者を支持するかが、深いという家族についての心配。 また、その領域の開業医との協力も家の回復の場合に不可欠です。 ryuusawa医学のマスターは相談と情報が患者と医療従事者によって毎週、終わりに送られて、繰り返して議論をする「県の家のパリアティブ・ケアサポートセンター」のメンバーとの会議をつかみます。 それは病院、家または患者の望みに従って両方が使用される道路を探ります。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


日本医療事務センター、がん専門の相談員をネット講座で養成 »
« がん患者が米空港で足止め 原因は薬の副作用