がん患者が米空港で足止め 原因は薬の副作用

がん患者が米空港で足止め 原因は薬の副作用

シンガポール人男性の癌患者(62)が5月27日に合衆国の空港に入国するのに必要な指紋押捺ができないで、最大4時間やむを得ず滞在していたと報告されました。 シンガポール国立がんセンターの医師舌のアンfuatoは「それは可能でなく」この物質を寄付していません。指紋を採取してください。「取られることの副作用でそれを取るには、kapeshitabinを投薬してください」と男性の医師による学術誌は中で充電されます。 人気がある抗ガン剤kapeshitabinの1つなどの副作用であり、皮膚からむけるのは指摘されます。 したがって、kapeshitabinを取った人と「合衆国に航海するとき、医師の手紙は運ばれます。」と、この医師は呼びました。

これは珍しいそうであるかもしれませんが、薬がある副作用は新たな痛みに患者を生みます。 悪意、それは、taiのような様々な副作用) (嘔吐)、無視されなかった感じのなどと同様に抗ガン剤を特にdepilatingしながら、吐かれます。(下痢と退屈引き起こされます。
6月1日付けの読売新聞には「特許が含まれているので、政府が今月の中旬に集めた’知的財産販促計画2009′で薬の服用法を取る政策」という記事がありました。 薬の投与と口頭の方法で副作用を制御できるのが理解されて、服用法で特許を認めるので、それは認めます。 それは、バックグラウンドで、服用法への関心の上昇である患者に言って、副作用の良いニュースで苦しめることができるかもしれません。 また、1あたりの量が増加されていて、取り頻度が1週間あるときと減少するとき副作用が小さくなるこの件はそれが毎日この記事で取らされた骨粗鬆症の薬を導入します。
以前、取り方法を開発して、特許を認めるには多大な費用と時間がかかると仮定して欲しかったときに、製薬工業は要求されました。 特許が認められるなら、取り方法の研究開発は進みます、そして、患者の負荷と痛みの減少は予想されます。 しかしながら、特許料が発生するので、古い用法・用量のジェネリックを売る製薬会社が、新しい用法・用量でもそれを売るとき、薬の一部が高価になるというポイントがあります。 (teshimayoroko/作家オフィスクリオ属)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


’09記者リポート:緩和ケア くつろぐ空間重視 /石川 »
« どうする「未病」:がん患者が米空港で足止め 原因は薬の副作用