一日でも長く…『どきん』末期がんと闘う 宇都宮動物園のミーアキャット

一日でも長く…『どきん』末期がんと闘う 宇都宮動物園のミーアキャット

ミーアキャット、「Dokin、」 宇都宮動物園のメスでは、(宇都宮市の金井町)は末期ガンと戦います。 繁殖メンバーと巨木知恵(29)は回復しました、そして、全面的に看病を続けました、そして、自らのために庭で歩くのが、可能であった状態さえ、回復しました、それが獣医によって人の人生の残りの1つの月まで判決を下されましたが、今年の1月の今、「長い間1日さえ生きて欲しい」と言って。  (Kaoru宇田)

ミーアキャットは南アフリカ共和国などに生息します。 , そして、長さは約25センチメートルです。 重さは約1キログラムです。
Dokinは2003年2月2日にこの庭に現れました。 今年6歳のときに(およそ8歳)のミーアキャットの寿命で言うとき、それは既におばあちゃんです。
初めに今年の1月の巨木に従って、それは突然食物を食べませんでした。 置かれて、数日で危篤状態に、胃はそうしなければなりません。 ゴルフとしての大きい同じくらい悪性腫瘍(腫瘍)は球になります。脾臓、(. . . . hizou) . . 巨木を上に急ぎながら都市の動物病院にそれを持って行くとき、点検で、見つけられました。 獣医から「体力には、作動しても、それがありません。 そうかもしれない、それは転移します。 」それは報告されました。
それは隔離室へのdokinwoのこの庭を動かします、そして、癌細胞に動く漢方薬は、酔っぱらっています、そして、巨木がりんごとバナナが滋養が少しずつ付くことができるように印刷されたというものを与えて、看病し続けました。 5カ月に関するその後に。 状態が何度か無効にされましたが、固形食を食べることができるまで、それは回復しました。
巨木は赤ん坊でした、そして、tadokinに名前を付けました、そして、それは母親の代わりに人工の保育でそれを上げました。 物理的な状態における小変化が叫びと顔色によって区別されるのが、巨木にすぎません。
Dokinはプレスに来て、kedamono**の近くで広場で私からプレーすることになりました、最近「出かけたいと思う」と言って。 巨木が話す、「私が欲しい、欲しいように寿命ができるだけ来るまで少なくともこの子供で」

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ホットストック:トランスGが買い気配、膵臓がんマーカーに関する国内特許取得 »
« 被爆のがん患者 DNA傷つく