被爆のがん患者 DNA傷つく

被爆のがん患者 DNA傷つく

原子爆弾。放射線被曝。人。放射線被曝。人。比較されます。現在。高い。比較的癌。そのようなもの。我慢強い。外観上。正常。見てください。セル。DNA。破損します。長崎大学。研究してください。原子爆弾のI see.The放射は後コネであるときに注意に支払って、また、長い年月が癌が被爆者に引き起こされるというメカニズムの明確化を引き起こすということです。
現在、被爆者は高価で放射にさらされていない人と比べた癌ですが、メカニズムははっきりさせられません。 長崎大学の研究の准教授のナカシマものが分類するSeihiroshiは皮膚癌を周囲にした被爆者のために操作で切除されていた状態でセルの癌の研究を唱えました。 その結果。癌。外観上。正常。見てください。セル。DNA。破損します。見てください。I see.Itは3K以上を爆心地に残す人で5の1つの1.5キロ以内で放射にさらされていて、そのようなDNAの放射異常にさらされている人を7時5分前に上がります。 ナカシマ准教授: DNAの異常の放射線被曝からふさわしい64年の静かな残りについて。 「その被爆者の遺伝子は不安定な状態が原子爆弾の放射による長期の間、あるのが示されています。 現在多くの癌を被爆者に引き起こす可能性があります。 」それは話します。 この研究はアメリカの癌の社会の学術誌「癌」のインターネットバージョンで発表されました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


一日でも長く…『どきん』末期がんと闘う 宇都宮動物園のミーアキャット »
« がんを生きる:鳥越俊太郎の挑戦/2 使命より欲求に従う