石綿肺がん死労災基準時期に不服 倉敷の男性遺族が岡山地裁提訴へ

石綿肺がん死労災基準時期に不服 倉敷の男性遺族が岡山地裁提訴へ

アスベスト(アスベスト)によって引き起こされた肺癌のサイコロがありません。それ、または、労災補償が= その時(66)=男性の代償に関して認識された倉敷市の労働者時代。 遺族は、かなりの減少が、国から岡山地方裁判所で処分キャンセルを要求する上告を不当なことであると証明されて、引き起こすとしての企業家が23日に21番目を理解していたとき、特に、それがいつ労災保険を接合するかを時間に基礎づけたのを理解していました。
男性スペシャルは企業家の約19年について、労災保険を9カ月の最終段階の5年接合します。それ。 同じ警察署はアスベストに露出されて、特に接合するとき、3500円であると思われた最終的なオフィスに基づく遺族年金で基本的な計算になった「給付基礎日額」の原則を適用しました。
遺族側が主として中にそれがあると仮定するために強要される、サン、-、ヨー、その時肺癌の原因が数10年間、締めることが硬式になる前の達する潜伏期にさらであったアスベスト使用の密度が高く、適用するために、日刊誌が達するポイントについて考えるときの絶縁時代。 供給の量がおよそ二度または特に接合しているとき、それです。仮定上告される、 「それは明確です」。「現行制度はどのように矛盾を含んでいるか」

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんを生きる:鳥越俊太郎の挑戦/2 使命より欲求に従う »
« 大腸トンネルでがん撲滅訴える 右 京