大腸トンネルでがん撲滅訴える 右 京

大腸トンネルでがん撲滅訴える 右 京

県として大腸癌撲滅に懇願する啓蒙の時代グループ「ぼやけ前夜の円」(東京)が、「父の日」に従って21日に買い物をするのによる中高年の健康増進のためにショッピングセンターを右京区について「ハナイオンは京都をひもで締める」と呼ぶキャンペーンを実行します。 買い物を訪問した家族が、健康を学びました。
これが旋回する大規模な遊具「大腸トンネル」(全長が約7メーター)による模倣されて、知っても、大腸は大腸癌について恐れて、それはいます、2倍というさらにことである、あらゆる、この20年間、死亡者数と人工は準備されます。 子供は、トンネルを通り過ぎることによって、大腸のメカニズムを学びました。
そのうえ、食習慣の欧米と運動不足への変化が大腸癌と保健婦による健康相談ブースを背景としてあるので、「神父のメタボリック症候群エスケープ操作」と題した重さの測定角と腹囲は、インストールされました。
「大腸癌が検便で容易に調べることができるでしょうから、必ず明確にそれを点検してください。」と、オーガナイザーは呼んでいました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


石綿肺がん死労災基準時期に不服 倉敷の男性遺族が岡山地裁提訴へ »
« カープ監督、乳がん活動激励