カープ監督、乳がん活動激励

カープ監督、乳がん活動激励

広島東洋カープのマーティ・ブラウン監督は、19日に安田女子大学(広島市の安佐南区)を訪問しました。 早期発見キャンペーンのボランティアとして21日の南地区のマツダスタジアム(新しい広島市民スタジアム)であった乳癌の「ピンクのリボンdeカープ」に役目を果たした学生は、奨励されました。
ボランティアを含む学生の合計における160人は教室で集まりました。 キャンペーンに協力するブラウン監督が、癌のため父親と義母を失う経験を導入します。 上告されていて、「苦しむ者を減少しよう」ということでした。 「監督の熱意を聞くことができるので、動機か以上が出かけました。」と、Hiroshi Yuko(21)は4年間話し続けていました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


大腸トンネルでがん撲滅訴える 右 京 »
« 岡山で労災減額は不当と提訴へ 石綿肺がん死亡の遺族