岡山で労災減額は不当と提訴へ 石綿肺がん死亡の遺族

岡山で労災減額は不当と提訴へ 石綿肺がん死亡の遺族

労災補償ではなく、来た自営業者のための肺癌による死がアスベスト(アスベスト)で受け取られていることで労災補償認識を引き起こしたと仮定する岡山県の倉敷市が、(66)=の遺族がその後= その時期間強くアスベスト男性の健康被害を受けたという考えである労災保険は適用されています。 保険支給量が半分に関して減少した岡山地方裁判所にケースを持って来て、23日に不当なことであると証明されたものを言うと、21番目は分かりました。
男性が1955年のコネから約21年間アスベストを含む断熱材据え付け工事などに従事している、「サン、-、ヨー、絶縁、」 神戸市のサポートグループに従った岡山県の玉野市について。 自分自身のビジネスを経営していることによって、同じ仕事をしましたが、それは2003年2月に肺癌で死にました、そして、特に、政府の自営業者の労災補償に参加しました、そして、それはその後、約19年間働いていました。
遺族は4月、 ‘07フィートで倉敷Labor Standards Inspectionオフィスでの労災補償の評価を受けました。 オフィスを仮定する、近さ、厚生労働省の通知で供給された量の規格であるアスベストと関連していて、保険支給量は自営業の期間に基づいて決められました。
しかしながら、遺族が主張する、それ、期間、「サン、-、ヨー、絶縁、」 自営業者の労災補償に参加しないなら、時代は標準の、そして、供給された量のダブルスになります。 30の年からの労災補償アプリケーション–40 強く健康被害を受けることへのアスベストがある肺癌の潜伏期は要求されています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


岡山で労災減額は不当と提訴へ 石綿肺がん死亡の遺族 »
« 血液がんと闘うサポーター支援さいたまの篠崎さんへ募金贈る 元浦和レッズ・岡野選手