血液がんと闘うサポーター支援さいたまの篠崎さんへ募金贈る 元浦和レッズ・岡野選手

血液がんと闘うサポーター支援さいたまの篠崎さんへ募金贈る 元浦和レッズ・岡野選手

埼玉市浦調和地区=。血液の癌の悪性リンパ腫、J League浦和レッズの熱烈な支持者の2000マユミ篠崎(52)では、開発されます。 骨髄移植処理を受けましたが、昨年、余儀なく今や、回復人生をしました。 9年間レッズのプレーヤーであったMasayukiオカノが資金調達がさん/さんに集めたスポンサーの「支持されたミーティング」であるので、病気人生に対する戦いが続く心を支持して さん/さんからの篠崎 埼玉都市のオカノは20日に手渡されました。
さん/さん 篠崎は初めからのレッズの熱烈な支持者です。J League就任について。 特に。走ってください。外観。稲妻。まさしくその。かっこよい。扇ぎます。時間。提供してください。試合会場。分野を訓練します。訪問してください。

しかしながら、それは2000年に公式戦を見る間、スタジアムに落ちました。 病気との戦いは現在、始まります。 抗ガン剤処理で一度回復しましたが、それは06で再発します。 骨髄移植を受けるために合うドナー(骨髄提供者)は待たれました。
毎日の苦痛な心のサポートは浦和レッズでした。 それはさん/さんです。 「また、ゲームが見られたとき、↓これは行きました、そして、行きたがっていました、そして、一生懸命働くのは、可能でした」と言う篠崎。 さん/さん オカノはスポンサーになりました、そして、「支持されたミーティング」は07におけるそのような外観に形成されました。
病院が初めて訪問されたとき、さん/さんです。 さん/さんへのオカノの高くしている資金調達 篠崎は、約180万円奨励されていた状態でゆったり過ごして、「それを決してあきらめないでください、そうしない」て、同僚プレーヤーに声を掛けて、チャリティーオークションに協力して、治療費を集めました。
ドナーは、昨年現れて、骨髄移植手術をしました。 さん/さん 篠崎は、現在、移植に従ってボディーの拒絶と戦われた状態で毎日を過ごします。 「さん/さん ‘それが早く補助された側に戻らないでください’。補助していたオカノが、反対に補助するようになりました、そして、私はそれが強いと考えました、それを歓迎したと言って。 」それは話しました。
「私がするできるのはサッカーで一生懸命働いているだけであっ」てさん/さんです。 オカノは輝くことができます。「するのが、可能であり、私さえ、人を助けるのが、重大でしたが、行動するなら役に立つのにいないように考えました。 それは、将来協力できそうです、そして、したいと思います。 」。

提示された治療費の中で「支持されたミーティング」から骨髄バンクまで部分を寄付しました。 同じ苦しみは保持されるのとさん/さんでした。 「骨髄バンクと処理に必要な注入へのドナー登録のための献血の協力をありがとうございます。」と、篠崎はドナーの待ちをしていた人々のために呼びました。

さん/さん オカノは、’08 11月に戦力の外で浦和から言われて、現在、1つの香港サッカーリーグに属しています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


岡山で労災減額は不当と提訴へ 石綿肺がん死亡の遺族 »
« 広島にがんセンター構想