広島にがんセンター構想

広島にがんセンター構想

民間主導で最先端の癌を治療した「広島の国際的ながんセンター」を組み立てたプランは、発表されて、金の山南に、町が広島市の南地区****に面があるということでした。20番目。 学者や国会議員などの5人の設立スポンサーが会見しました。 重い粒子線による癌細胞がある最初の癌の治療施設の正常細胞目的への損害は中国の地域でまもなくわずかな状態で皆殺しにしました。また、制癌剤療法センター、24時間の家のパリアティブ・ケアセンター、および重い粒子線癌の治療以外にセンターが中心に置く統合相談は計画通りに約2万3000平方メートルのサイトにそれを維持します。 中国の5県で医療機関と協力すると言われていて、それは人材育成につながります。 癌は防止されて、それは放射線被曝などで病気を調査した放射線影響研究所(南地区)と提携した診断です。 , そして、処理に関する研究部門は別館として確立されます。
有限事業組合は今年の2月に立ち上げられました、そして、基金は始められました。 重い粒子線癌の処理センターは13年の始まりを向けます、そして、全体のがんセンターの事業費は約300億円です。 それが未来にがんセンターでこの実験室を移転させるために熟考されると言われるでしょう。
そして、「私が被爆者だけではなく、あなたと、造にそうするだろう、それ、できるだけ早さ、人道のために」、ミノルTerada下院の議員はそれぞれ1つが後援する県の分隊協会、「国家の病気である癌は原子爆弾医療のベースとして放射線被曝chihiroshimaで根絶される」naoriji Tsuboiについて長さを強調します。 Eiichi田原と広島大学の名誉教授「日本でも、癌の医療のほとんどの研究医療施設を含んだのは、非常にユニークながんセンターです。 まだわずかな癌の専門家のトレーニングの場所に行って、国内で看病していたいと思います。 」そして、解決した、野心は説明されました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


血液がんと闘うサポーター支援さいたまの篠崎さんへ募金贈る 元浦和レッズ・岡野選手 »
« 悪性リンパ腫と闘うサポーターへ 元レッズ岡野選手ら支援金