悪性リンパ腫と闘うサポーターへ 元レッズ岡野選手ら支援金

悪性リンパ腫と闘うサポーターへ 元レッズ岡野選手ら支援金

悪性リンパ腫で私の骨髄を移植したマユミJ League浦和レッズ支持者篠崎が、20日に「それに会うと、shinoは支持された」(ヒロユキ・馬場代表)スポンサーとしてのミーティングにおける治療費として前の浦和にプレーヤーの岡野雅行によって集められた約180万円のプレゼンテーションを(52)=埼玉市浦調和地区=に届けました。 さん/さん 篠崎は、骨髄バンク(基礎と骨髄移植推進財団)に部分を寄付して、登録のための協力を銀行に招きました。
お金が現在の治療費としてさん/さんによって渡されたプレゼンテーション 資金調達で集められていたものとチャリティーオークションによる篠崎。 将来3年後に扱うのに使用しないと、ミーティングから銀行まで余剰約56万円の資金調達を寄付します。
さん/さん J Leagueが「心のサポートは浦和レッズです」と腕時計のように情熱的な支持者から始めた後に、篠崎は、浦和に対するゲームをほとんど欠いていません。 ゲームは2000年に見られましたが、血液の癌と呼ばれる悪性リンパ腫で低下したのは、スタンドでした。
内部と訪問が病気に苦しむようになる、パーティーが関したプレーヤーオカノがさん/さんについて知らせたということです。 篠崎の病気。 さん/さん 大ファンであったプレーヤーオカノの訪問を受ける篠崎「それは反対に奨励されて、’それを決してあきらめないでください’の、そして、助けられた見地になりました。 仕事に、’それが戻った場所はスタジアムです’は気持ちで一生懸命可能でした。 」それは、その時解決しながら、見返します。
そうしたいと思うことである「Itはミーティングのスポンサーになって、’私がshinoになると言うのは、反対に支持者です’、やれやれというさえ使用人が持っている同類が. 役に立つ理解していた他のプレーヤーオカノは、プレーヤーや支持者などの多くの人々に協力するために感謝します、」見えることは当惑させられました…
さん/さん 篠崎は、昨年骨髄を移植して、現在、リハビリテーションで一生懸命働いています。 それは時々試合会場を訪問します、そして、目を見るのが難しくなりましたが、それを移植した後に、11に励まし続けます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


広島にがんセンター構想 »
« がんを生きる:鳥越俊太郎の挑戦/1(その2止) 「つらい経験、役立つ」