アスベスト:肺がんで死亡、自営労災加入で補償減額 遺族、取り消し提訴へ--岡山

アスベスト:肺がんで死亡、自営労災加入で補償減額 遺族、取り消し提訴へ--岡山

男性の遺族、(66歳、その時)、特に、岡山県で、アスベスト(アスベスト)によって引き起こされた肺癌で死んで、労災補償が認識された倉敷市は政府の自営業者のために労災保険に合流しました; 適用されていて、労働者のために労災保険のものなしで償います、そして、減少して、国、そんなに不正なことわざ、および訴訟を大いに起こして、相手からの処分キャンセルが岡山地方裁判所でもたらされているよう要求してください。 支給が類例で少量になったと仮定する犠牲者は2つ以上の下るのと裁判所の決定に注意を向けさせます。
男性が1955年からアスベストの断熱材のインストールにおける何年も労働者としてのなどを満足させる77と婚約する、「サン、-、ヨー、絶縁、」 岡山県の玉野市について。 その後、保温工事の自営業は始められました。 02における肺癌と診断されました、そして、特に労災保険を91に接合しましたが、それは03で死にました。
倉敷Labor Standards Inspectionオフィスは、遺族が06における労災補償を要求しますが、攻撃のために最もアスベストの近くで扱われるオフィスで労災保険を適用する原則を評価して、来年、認識されました。 その結果、それはこの男性のための自営業時代の労災保険であると判断されました。 1年の遺族補償は特に接合するとき任意に設定された保険に基づいて59万円決められました。
遺族側は陳情などでこれに主張されます。 , 「それ、労働者時代のアスベスト吸入が医学的にそうであるという考えが原因である、」 「それは2であった」という上告されていて、ことです。「時間近い保護か特に接合。」

労働者と共に自営業を経験する人が、中皮腫にかかるとき、自営業を接合する特別番組のアプリケーションと行政不服審査をすることの結果、異論が最終審査で認められるところの今回のケースは連続しています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんを生きる:鳥越俊太郎の挑戦/1(その2止) 「つらい経験、役立つ」 »
« がんを生きる:鳥越俊太郎の挑戦/1(その1) 闘う姿、さらけ出し