がんを生きる:鳥越俊太郎の挑戦/1(その1) 闘う姿、さらけ出し

がんを生きる:鳥越俊太郎の挑戦/1(その1) 闘う姿、さらけ出し

- カメラでoregakutabaruさえ取ってください。 「ジャーナリストの習慣は奴です。」 ”
胸と腹に、それがメスを突入させた9つのマークがあります。 それは、別の人生までに見えなくならないようにありそうですが、現在「人生」の誓約のように神秘を考えるのは、可能です。
風呂、および衣服に踏み込むとき自らに「ニュースの労働者」ポイントを不愉快と呼ぶジャーナリストの鳥越Shuntaro(69)を変えます、そして、ボディーのスタンプは応答者を指しています。 ボディーを半分ほとんどみぞおちから後部まで回る傷は、38センチメートルです。 これは最も大きいです、そして、それは最も新しいです。
2月10日。 虎ノ門東京病院の港区。 鳥越さんは手術台の上に自らを定めていました。 あばら骨は持ち上げられます、そして、荒いわには肝臓を一体どうならせるようになります。 針の医師の刺し傷をしてください。そうすれば、部分はマイクロウェーブによって焼き尽くされました。
肝臓に転移する癌を切除する操作。 ハンディキャップカメラは怯えた光景を記録します。 それは、写真(37)を撮るためにともに鳥越さんとイラク戦争Yasuyuki井手を覆ったディレクターです。 そして、それはそれが要求した全身麻酔で眠る、写真を撮る鳥越sansoの人です。 イメージは、編集されて、後でテレビで放送されました。
05年の夏に、事故は鳥越さんのボディーに起こりました。 トイレは下における突然の血液によって赤で染められました。 徹底的な検査のスケジュールが決められたとき、鳥越さんは、さんを井手と呼びました。
「カメラでoregakutabarumadeと一部始終を取ってください。」 「さん」 井手はことでワイルドな要求を考えました。
検査結果は「直腸癌」です。 「それを予期する、それ、」 時代の腹腔における操作、(. . 吹くこと) コネで食べた、鏡がある10月は実行されて、カメラは、今から病室に入りました。
毎日新聞のジャーナリストは図面にいます、そして、40年間以上、それはレポートの線で存在しています。 それは、人で苦痛であり、秘かにそれに公正に入りました。 報告された意味があると判断されます。
鳥越さんは、その時、思います。 I?Cannotのためのどのように、それ、だれかのように癌と戦われた外観を明らかにするのによる勇気であることでは、できてください–Itは病気の究極のプライバシーを記録して、したがって、現在唯一の公衆にそれを公開する理由について説明できるか。 1人目の孫は3月に生まれます、そして、人生までの逃すことはただ上げられます。
しかしながら、それは最初に、異なっていました。 「ジャーナリストの習慣は奴です。 とにかく、それはすべてを記録したくなります。 」

したがって、ippuuにgantoのkawaを分割した協会の行為は上昇しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


アスベスト:肺がんで死亡、自営労災加入で補償減額 遺族、取り消し提訴へ--岡山 »
« 野中、がん闘病中の父に贈る2冠