野中、がん闘病中の父に贈る2冠

野中、がん闘病中の父に贈る2冠

東洋太平洋超ウエルター級タイトルマッチが20日に東京と後楽園Hallで行われました、そして、(尼崎)が3–0の新しい王8回になった野中**気は判断を傷つけました。 それは左フックにおける下のイニシアチブ剥奪を差押えました、そして、存在だったというtoten kazuhiko(右眼の上で2回に打つことによって切れたHidaka)から変えられたリング名は、払いのけられました。 このクラスの日本の王座と共に「2個の王冠」になった新しい王「一生懸命働いていた努力は、報酬を与えていました。 あなたが精神的に病気の父親を奨励できるとき」それは父親とshige**を心配しました。肺癌による病気に対する戦いにおける(55)。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんを生きる:鳥越俊太郎の挑戦/1(その1) 闘う姿、さらけ出し »
« 野人に笑顔  骨髄移植を支援