野人に笑顔  骨髄移植を支援

野人に笑顔  骨髄移植を支援

20日の埼玉都市で市民団体の会計報告悪性リンパ腫が受ける浦和レッズの支持者のマユミ篠崎(53)(埼玉市)の完治であることが願われていた、サッカーの日本FWからの前の表現のプレーヤーの岡野雅行(36)でスポンサーになって、形成された「それがshinoに支持したミーティング」をしました。
さん/さん 篠崎は、骨髄移植手術を受けて、去年の春に最近、家でリハビリテーションで一生懸命働いています。 ミーティングから受け取られた貢献合計は、約240万円です。 それは、前述であり、「サポートとパワーは、大いに得られて、積極的になることができた」ということであり、また、移植医療支援に余分などを使用した意志を示しました。
それは今年の2月に香港リーグでプレーします、そして、現在、オフシーズンにおけるプレーヤーオカノは同じ席です。 資金調達収集とチャリティーオークションなどでミーティングを引いた「同国人」「ある男性を助けるのはまさしくそのです。 しかしながら、私のような人さえ、行動するなら何かがすることができないべきであるのを理解していました。 」にこやかな微笑はいつも示されました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


野中、がん闘病中の父に贈る2冠 »
« J&J、乳がんの検診から確定診断までの精密検査に関する情報サイト「乳がん検診info」を開設