乳がん、子宮がん検診を無料に/高松市6月議会

乳がん、子宮がん検診を無料に/高松市6月議会

高松市の6月の定期的なアセンブリは、19日に本会議を再開します。 6は一般疑問で立ちました。 Hideto鬼石高松市長は、女性への独特の癌の早期発見と治療に乳癌と子宮癌としてこれで有効にそのようなものを利用するのにおいて自由な状態で本年度の診察は仮定する政策を示して、8月に実行を目的とする無料のクーポンと診察紙入れを作りながら進むという考えについて説明しました。
女性への独特の癌の診察ビジネスは5歳での「転機診察」で最大20、40歳を子宮癌に彫ります、そして、5歳最大40–60歳ごとに乳癌をします。 自己負担が必要ですが、本年度に国で部分を経済対策と共に自由にします。 都市の物の人々は約2万6000人です。 受診率は、35%、8の増加が昨年作成で無料で指すと予想しました。
それは説明されました、そして、「受診率の改良はがんの早期発見と死亡率減少の観点から重要であり」、市長は本年度に、国から国の支援が限界のスケジュールでしたが、将来5年間絶え間なくそれを実行するのを要求するという考えを示しました。
この他、市長は市営施設の妊娠している女性のために優先権駐車場を広げる政策をはっきりさせました。 それは、現在の1つの場所ですが病院と別の施設があるヘルス・センターを民間人に固定するために試みます。 そのうえ、オリジナルの「妊娠している女性カード」は発行されました、そして、母と子供健康ハンドブックの配送に従ってそれを分配するという考えは説明されました。 特別なスペースにそれを止めるとき、それは、車にそれを掲示します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


乳がんなどの無料検診で補正予算可決/横浜市会 »
« 講演会:骨髄移植説明員、白血病体験語る--足利高で /栃木