講演会:骨髄移植説明員、白血病体験語る--足利高で /栃木

講演会:骨髄移植説明員、白血病体験語る--足利高で /栃木

「12番目の足の高い福祉講演会」は開かれて、県の足利高値では、18日のすべての学生が597のために足利市の本丸1に群がって(飯塚の長さをhirakouします)、骨髄移植推進財団の説明メンバーが白血病の自己のなどの経験に関して話したということでした。

講演会では、この基礎の公衆に知らせる県の地区普及のメンバーのミノル福田国は白血病患者が全国を通じて毎年約6000人によって発生する現状について説明します。 骨髄バンクのドナー登録の必要性は上告されました。
この基礎説明メンバーとして勤めた宇都宮市の主婦そしてコード。 2年前に急性骨髄性白血病と脱毛のように展開するとき、(46)が吐き気の経験に関して絶え間なく話したitakoは抗ガン剤でそれを引き起こしました。 それは現在回復している間、話されました、そして、節を観測して、「退院して、クリーンルームから行くとき、チッチッと空気の流れが新鮮であると感じられて、毎日が重要に費やされたと思われました」。 さらに、それによって、両親とそれを達成する正反対のドナーとして骨髄提供を経験した埼玉県での女性(22)の説得の過程がわかりました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


乳がん、子宮がん検診を無料に/高松市6月議会 »
« ダウン症が癌の治療に貢献