乳がん撲滅活動紹介

乳がん撲滅活動紹介

早期検診の重要性は乳癌を経験する人からそれを作る「夜明けの協会」鳥取支店のブランチの代表、およびそれが今年の3月の47歳のときに死んだ米子市でMichiko井上を紹介する展示会角として上告されます:; それは21日に同じ都市の錦の町と接触の故郷の都市の福祉健康統合センターで開かれた啓発イベント「米子のピンクのリボンフェスティバル2009」(実行委員会の後援)のホールにインストールされます。 さん/さん インターネット上の日記に一日一日を大切に生きるという決定をつづり続けた井上(ブログ)、および励みになっている仲間。 このブランチの器官は、「今年、癌の撲滅の動きを一緒に進行したいと思います。」と誓っています。

「そのうえ、来年、会いましょう。」 「最後のフェスティバルは去年の5月に成立しました。」 さん/さん 井上は、実行議長として勤めて、そのように閉会する挨拶で約束しました。
37歳での乳癌の病気、および鳥取支店の代表としての啓発への02年間の人の最も良い一投。 100tanitsuyoshiで夫の(47)(米子市)を支持して、それが「人の人生か月の残りの数がフェスティバルを準備しながらゆったり過ごされると言われましたが、本物にアプローチしたとき、エネルギッシュになった」と言うように見えます。 それが家族で三朝の温泉に移動した翌日からの今年の1月の入院。 それは3月11日に死にました。
ブランチの器官はこの展示会角のインストールを発想します、「さん/さんの願望がわかりたいと思います」と言って 「再会を期待した井上。」 報告の絵のなどはそのさん/さんです。 編集された井上と描かれた顕花植物は表示される予定です。
「それが癌にかかっても、私は変化しません。 それはそれをあきらめません。 」。また、日常生活がそのような願望によってつづられるので、それは仲間を奨励するブログを紹介します、そして、好きな花の写真で、発行します。
ブランチの代表の後任となったKazumi Tomomori(57)(米子市)「環境への心配は忘れられていません、そして、いつも明るくそれを奨励した女性の生き方は皆のモデルです。 今年、展示会で早期発見と早期治療を一緒に求めたいと思います。 」それは話します。
フェスティバル: 午後2時に。 21歳において5月の26歳ときに乳癌に関する文を受け取って、生産された映画は「Mayuのスター」ですか? “Kokoro?”が「ミルク(歌)の詩」というOharaまゆさんで死ぬ病気記録に対する戦いに基づいて上映されて、題します、**医師が「そのように乳癌診察を得ます」であるということであるそして喜び米子ヘルス・センターの鈴木に関する講演。 保健婦は自己触診方法を導入します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


抗悪性腫瘍剤「ティーエスワン配合顆粒T20、同25」 大鵬薬品 »
« 病と生きる がん闘病記を出版した看護師 山内梨香さん(35)