病と生きる がん闘病記を出版した看護師 山内梨香さん(35)

病と生きる がん闘病記を出版した看護師 山内梨香さん(35)

それは、yashiされる活力です。我慢強い。 ..回復であること。 ..回復であること。 yasareはそれが住んでいるところで働いています。
癌(35)と戦っている間、看護師として働き続ける盛岡市のNashikaoヤマウチ。 それが発行した「Keppuchiは看病すること」が、自分の金でローカルでの発生している宣伝であり、全国的販売が4月の終わりに一般的興味戸籍の本として実行されたという病気記録と戦ってください。 さん/さん ヤマウチ、「サポート、サポート、および働きが生きる活力。」 それは「癌患者のための訪問看護ステーションは組立している」という新たな夢に歩き始めます。 (中川、真実)

2005年11月に、乳癌の通知を受け取るために、それはあります。 胸は操作で保たれます、そして、抗ガン剤と放射線治療は続けられています、そして、それはオフィスで盛岡市立病院に戻ります。 また、それはうまく行きました。彼との婚約者になった仲間、および「意志は、将来、何十年間も住ませる」気持ち。

しかしながら、彼らは肝臓に転移における真っ暗闇の一気にそばに立たされました。 髪は副作用で一気に外れます、そして、再びいとまごいをしましたが、肝機能は静まりました、そして、抗ガン剤処理は始められました。 白血球値、敗血症を伴う入院、Itが放り出したなど、およびそれについても秋が彼にうなったとき、最悪の状態は続きました、「それは良くはありません」と言って。生きる。 ..「何でも」 ヘアピース。
職業ハンドルで死ぬ多くの癌患者と看護師という病院は見られます。 乳癌を伴う死亡は下ります、そして、それを取るために、苦痛な激しい痛みは理解されます。 もちろん、長い間抗ガン剤をよく使用することによって生きるのがありますが、そのような人は通常病院にいません。 「私はいつ死ぬつもりであるか。 人の人生の残りは何と多いかもしれません。 」それは、思う傾向がありました。
薬が利いたとき、それでも、私はうれしく思いました、そして、また、気持ちはエネルギッシュになりました。 処理が8月、19年に終わって、それが決着をつけた総抗ガン剤の6は徐々にダウンします。状態も。
ホルモン療法に切り替わりました、そして、抗ガン剤の連続は医師によって忠告されましたが、それは、同じ年の12月に人の仕事を再開しました。 それは働き続けて欲しかった副作用が、わずかであるからです。
環境は「過度に働かないでください」という前述であり、ことでしたが、癌患者さえ一日中眠ることができません。 それは働きたがっています、そして、それを楽しみたいと思います。 何かをあきらめるのは、不快でした。 そして、そうでなければ、働いていて、兵卒は幸福ではありません。
自己治癒力は信じられています、そして、戻った後に、肝臓で何度も起こりましたが、それは単に朝、働いています。 口は氷を含んで、吐き気が薬のためのドラッグのパッチがボディーに身につけられて、体力が落下して、疲れるようになるのが簡単になりましたが、感じられるとき、それは動きます。 それは胃が一時すっきり冷やされるからです。
私は、また、看病の局面が変化したと思います。 それがエネルギッシュであったときに、それが「病気を始めることに関して、私はちょっと悪くなく」て「視線」で患者を受けたのに気付かれました。 それは横柄でした(傲慢)。
話したなら、mukaといつ忙しくて、飼いならされるためにそれが患者になったように思えたかとき加えられた「それは苦痛であった」Itが、事務的な通信を看病するために若い看護師に公開しながら、心を開きませんでした。
そして、そして、それが関係患者である、「Yashi、」回復であること。 ..回復であること。 現在「yasare。」 それは話します、そして、マニキュアをします、そして、手、およびそれの留め金にマッサージしてください、そして、などが、オフィスのそばでルーチンがある部分がそれと同じくらい長い間練習するのを理解している構成は大いに忙しくはありません、そして、鼻毛からもmeippai patientPullingを生きさせてください。 日本医科大学が認識した「笑い療法士」の資格を取りました。
笑いませんが、笑うことができる環境を作る、できない**(それを打つ)をもっている患者の近くに描かれるのがあるのが、それである、笑い、統合失調症、それ、それをマッサージのため快くします。
「Aは看病されます。」回復であること。 「yashi」という特別番組は、それが容易にそうでないと思います。 Iも: 以前患者の情報収集とパーソナルコンピュータ入力にかなりの時間を割いたので。
私の癌の経験で癌患者の訪問看護ステーションを建設した新しい目標は、することができました。 私で緩和ケア病棟とホスピスでやむを得ず死ぬのは、24時間世話をして、多くの患者である家族が全くないという事実です、それが強いと感じられますが、「人として死にたいと思います」と言って。 あなたがそのような人々を助けることができるなら。
また、腫瘍(腫瘍)マーカーの数値は当たります、そして、それは今、良いです。 人生はまだ終わっていません。 また、癌との戦いは長い間、続きます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


乳がん撲滅活動紹介 »
« ミケルソン初V誓う 乳がんの愛妻のために