がんセンターの病院給食で食中毒 静岡

がんセンターの病院給食で食中毒 静岡

静岡県の食品衛生部屋は、ノロウイルスによる食中毒が県の静岡がんセンターで長泉町で発生したと発表しました。 下痢の兆候は入院患者などの32人に出かけます、そして、病院給食が原因であると思われます。 最初の患者は、食中毒が15日間であったので、診断されて、17日の県の東部分保健所からのレポートを持っていました。 17日に当分の間同じ保健所のビジネス禁止はがんセンターの病院の給食部分でした。
食中毒に固執させた県の食品衛生部屋に従って、**kuに31人の入院患者と共に給食を食べたのは、1人のスタッフです。 すべてが快方に向かいます、そして、食中毒による重病人は全くいません。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ミケルソン初V誓う 乳がんの愛妻のために »
« 千葉銀行、東京海上日動あんしん生命のがん保険「がん治療支援保険」の取り扱いを開始