千葉銀行、東京海上日動あんしん生命のがん保険「がん治療支援保険」の取り扱いを開始

千葉銀行、東京海上日動あんしん生命のがん保険「がん治療支援保険」の取り扱いを開始

 千葉銀行は、東京海上日動あんしん生命保険の「がん治療支援保険」の取扱いを6月22日から開始する。

 「がん治療支援保険」は、がんによる入院、手術、通院などが保障されるがん保険。初期段階のがんである上皮内がんを含め、がんと診断された場合に何度でも診断給付金を受け取ることができるという。また、入院前後にがん治療を目的として通院した場合に入院給付金と同額の通院給付金を受け取れるなど、がんと闘うための保障が充実したがん保険となっている。

 同行は、昨年4月18日からアフラック(アメリカンファミリー生命保険)のがん保険「アフラックのがん保険f(フォルテ)」の取扱いを始めているが、同商品の追加によって、さらに幅広く消費者のニーズに応えていく考え。

 なお、「がん治療支援保険」の販売は、千葉県内に本店を置く金融機関では初めてとなる。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんセンターの病院給食で食中毒 静岡 »
« 8月7日、テレビ塔とホワイトロックがピンクに点灯。