うちわ話:ある80代の末期がんの夫に妻が… /香川

うちわ話:ある80代の末期がんの夫に妻が… /香川

ある末期ガンが80代の状態で妻は夫に尋ねました。 「それが先で父となる撮影をあなたにしてくださいか?」、「既にします、そして、omoはゆっくり沸騰しました」。 「妻は続きました。」 「神父と好意。」 夫は、彼の妻を見て、答えました。 ..”..”, 。それがpoで赤で染められるのを聞いた妻には表面がありましたか? *県Toshihiko(62)の癌患者の朝日ミーティング「sanuki(債券)のボンド」アドバイザーがそれに出席した在宅患者の1つの場面。 そうした答えの1つが今までのところ死について大いに見られて、だれが自発的にその感銘が死を受けるために深い癌患者になったか朝日に尋ねてください、そして、戻ってください。 「それは患者から学びました。 良い人生が送られることができた謝意を伴う分離は理想です。 」。胸は重みがある単語で震えました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


DNA欠損とがんの関係性を解明、米研究 »
« 研究の現場から:「在宅緩和ケア」体制を 香川大医学部・片山陽子助教 /四国