研究の現場から:「在宅緩和ケア」体制を 香川大医学部・片山陽子助教 /四国

研究の現場から:「在宅緩和ケア」体制を 香川大医学部・片山陽子助教 /四国

それが場所に使用された家で死を受けたいと思います。 (40) = そのような願望がわかるために、在宅看護研究=は片山のような香川大学医学部の「香川タイプ家のパリアティブ・ケア」のシステム作成の陽子の副**について研究します。
ボディーと心を好きであり、患者と癌などの人生を脅かす病気にかかっている家族のために家のパリアティブ・ケアがある家で生命を維持するのが、必要です。 家族の負荷を心配する声がある、強さ、そして、レベルが日本の低静かな分野であるという承認。
把持はアンケート調査から実行されます、そして、43は04年以来家にいることによって看病している420家族の看護師を訪問します。 それは、他方では、一緒に費やされた満足を得て、訪問看護師が家族全員を支持して、負荷を減少させたためにはっきりさせられました、もっとも、負荷は大きかったです。
それは、今年10月以来の先進国カナダに達します、そして、サポートのローカルシステムなどは研究されます。 それは、香川タイプのサポートのシステムと14年度で結果に基づく教育プログラムのモデルを作って、県の中でそれを練習する予定です。
また、約10年とそれのための訪問看護師が100人以上に注意したように、自らに役立たれています。 訪問看護師が果たす役割のサイズは強く感じられます。 緩和剤の注意は、家では、位置していて、話されています、それを言って「どのように死なないか、まさしくその死までライブな状態でそれをするか、」、「多くの人々が、どれで同等のままであることを選ぶことができるかとして選択として自らに環境を作りたいと思います」。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


うちわ話:ある80代の末期がんの夫に妻が… /香川 »
« マンモグラフィーバス:乳がん検診の間口拡大 西脇・大山病院が導入 /兵庫