マンモグラフィーバス:乳がん検診の間口拡大 西脇・大山病院が導入 /兵庫

マンモグラフィーバス:乳がん検診の間口拡大 西脇・大山病院が導入 /兵庫

- それは県の全域への出張をします。西脇市のKurodasho町田の量(尾山積極的なディレクター)の尾山病院は、今月乳癌診察の幅を広げるために乳癌検診車「胸部X線写真バス」を導入しました。 要求があれば、県の全域のそばでの出張診察は始められます。 「それが確実に掛からないようにありそうであるなら、私は、医師nadotoに本能的に相談して欲しいと思います。」と、料金の岸元**のHiroshi(41)医師は呼んでいます。

病院を訪問するのが、難しい女性は、高齢者から乳癌診察を受ける女性と忙しくして、働いています、そして、子供を育てるのは目的とされます。 乳房のX線撮影(胸部X線写真)を実行する最新機器はインストールされます。 癌についても一部を見落とす可能性があるので、岸元医師はsuruに胸部X線写真だけのmishokushinです。
国は12年度に乳癌診察対50%の受診率を改良する目標を設定していますが、06年の受診率は全国平均での20.3%と兵庫県の14.1%に残っていました。 岸元医師「すべての女性が50歳である、または以上が診察を受けるとき、乳癌の死亡者数が40パーセント減少すると言われています。 早期に発見するなら、胸を保つために好調に作動するのは、可能です。 」重要性は診察に関して指摘されます。
現在、西脇市とTaka町の周りの出張の診察をしますが、また、他県自治体と企業の集団検診に相当するのが可能であると言われています。 問い合せは尾山病院(0795・28・3773)です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


研究の現場から:「在宅緩和ケア」体制を 香川大医学部・片山陽子助教 /四国 »
« がんセンター新潟病院:手術で障害 県、3300万円を支払い男性と和解へ /新潟