がんセンター新潟病院:手術で障害 県、3300万円を支払い男性と和解へ /新潟

がんセンター新潟病院:手術で障害 県、3300万円を支払い男性と和解へ /新潟

県は、16日にそれが県のがんセンター新潟病院(新潟市)で受けられた手術が、オリジナルで両足から問題を60代に借りていた新潟市で男性と仲直りしたと発表しました。 損害賠償として3300万円は支払われる予定です、そして、それは、6月に定期的なアセンブリにそれを提出します。
作動した後に、男性です。いいえはすべて麻痺させます。腰椎、(状態に入る、4月の県に従った両足、’彼ですが、05はyoutsui) 椎間板除去術のヘルニアを被りました’。 問題は、最初の手術で神経を破損する可能性が高いと言われて、再手術をしましたが、残っていました。 男性は、’06 2月に相手として県をみなして、5117万円の損害賠償の補償が新潟地方裁判所で要求された上告を引き起こしました。 「それは、長引くのを避けるために和解に応じるために決められました。」と、この病院は話しています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


マンモグラフィーバス:乳がん検診の間口拡大 西脇・大山病院が導入 /兵庫 »
« がん相談員、ネットで養成 日本医療事務センターとNPO法人