がん相談員、ネットで養成 日本医療事務センターとNPO法人

がん相談員、ネットで養成 日本医療事務センターとNPO法人

日本の医療事務センター(千代田区、東京)とNPO法人(NPO)(文京区、東京)の癌のネットの日本は人のために7月に癌の相談に応じる才能を促進するために医療関係者、ソーシャルワーカー、および患者と関係があるグループの料金などでウェブ研究サービス「癌の情報ナビゲータトレーニングコース」を始めます。
「相談サポートは中心に置地方の同盟(部屋)」癌患者の相談窓口のインストールは現在全国を通じて政府の「がん対策販売促進基礎プラン」に基づいている375の施設癌の診断と処理のためにベース病院で義務付けられます。 しかしながら、それには、相談サポートビジネスを担う労働者が、不十分であり、コンサルタントが癌の治療と患者支持器に関する特別な知識を学ぶというわずかな可能性に関する問題があります。
ウェブ研究サービスでは、インターネットを通して時間と場所の制限を受け取らずに、私のペースにおける最新の癌の医療情報について学習できます。 カリキュラムは90分間1つの講演です、そして、それは32ですべての講演を構成します。 癌の治療の現状などのように基礎知識から放射、化学療法、および薬物療法のアウトラインなどについて系統的に学習できます。 癌の各分野を表すのは、指導を引き受ける専門家です。
7月から12月までの期間。 講義に出席する料金は一般的な14万円であり、学生は10万円(税込みで)です。 また、コースの学生がないかどうかマスターレベルをチェックする認定試験は行われる予定です。 そのような癌の医療を専攻するコースは、言われています。例が国内にほとんどありません。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんセンター新潟病院:手術で障害 県、3300万円を支払い男性と和解へ /新潟 »
« 女性がん患者へ善意のかつら