女性がん患者へ善意のかつら

女性がん患者へ善意のかつら

看護学生は彼女の髪を提供します。 NPOが分類される医療のための9個のかつら(ヘアピース)、「Kyansa-ribonzu、」 合計で看護師の卵の53人から髪の川崎市の阿蘇区の容認された無料の申し出における癌患者の交換客間を経営した(事務局と東京中央区)などが、完成して、それが提示された、9、20、それが脱毛による抗ガン剤処理の副作用などで心配した県の外の女性の60代の癌患者。 16日に阿蘇区で開催された贈呈式では、喜びの声は出て来ます、そして、メンバーはその「元気は出かけ」て「心のサポートになってください」を言って、「将来、かつらを患者に送りたいと思う」と話しています。

医療関係者や患者などの約30人は、去年の6月に活動の中心になったkyansa-ribonzuが、癌患者の人生を支持できるように、形成しました。 脱毛についての心配を保持した女性患者は、医師と看護師からの聞き取り調査で少しではありませんでした、そして、25、30万円、およびそれが高価であり、経済負荷がかつらのプレゼンテーションの機会が大きいのが理解されたので、1つはかつらをつけます。
したがって、メンバーが我慢強い交換客間の近くで同じ都市のミヤマエ区の専修学校を看病する聖マリアンナ医科大学について説明する、「Ribonzuhausu、」 東京、このグループが昨年11月から管理する川崎市の阿蘇区Manpuku-ji Templeでは、サイズ、千葉県の看護学校、およびかつらを看病している賢人michikanadaは、癌の治療の心のサポートとして重要です。 それは若くて、健康な髪の申し出を看護学生に求めました。 それが協力した学生は合計で53人です。 それは約5カ月維持するので、それぞれ染料とパーマを控えて、それを保ちました。15–40センチメートル今年の3月にそれを提供しました。
他方では、かつらが欲しい女性患者は、医療情報雑誌、このグループのチラシなどで募集されます。 約60人は全の国から適用しました、そして、ロットによって決められた9人のサイズ、髪形、色のなどは調べられました、そして、国内のヘアピースメーカーの美容師は2カ月を過ごしました、そして、それで、それは無料になりました。
県の外の40代の川崎市の女性などの6人の患者が16日の午後のribonzuhausuで開催された贈呈式に出席します。 3月以来肺癌を治療している千葉県のオーク都市のJunko主婦岡田(68)「出かけるのは厄介であるのではなく、積極的であった気持ちになりました。 病気を直す元気が、出かけます。 」それは満足です。 そのうえ、乳癌も治療している東京の西東京市とさん(28)ホテルの従業員の浜中の若い芸者:「外観は、本来であり、軽いです。 それは心のサポートになります。 」それは話しました。
このグループは、秋の後に再び髪の申し出を学生に求めて、利かせて、かつらを贈る予定です。 岡山恵子サブ理事長「扱うとき、女性のための美は非常に重要です。 かつらをつけてください。病気と闘ってください。動かします。してください。願ってやまないこと。」それは話します。 問い合せはこのグループ事務局(03・3546・6101)です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん相談員、ネットで養成 日本医療事務センターとNPO法人 »
« おしゃれな乳がん用下着 ずらり