P&G/パンテーン1製品購入で2円寄付、女性がん患者に医療用ウィッグ贈呈

P&G/パンテーン1製品購入で2円寄付、女性がん患者に医療用ウィッグ贈呈

「パンテーン」というP&Gと特定非営利活動促進法人のkyansa-ribonzu(東京中央区)のヘアケアブランドが6月16日年7月1日に癌の薬物療法で髪をdepilatedした女性の癌患者を支持した「美のパワープロジェクト」を始めたと発表されました。
ある製品はパンテーンのためにして、各購買のときに「人生との癌患者結びつきの処理」特定非営利活動促進法人のkyansa-ribonzuにすべての製品、およびこれが映し出すコネ、2円を寄付して、医療のために、kuo; ritei; かつらのプレゼンテーションとoburaifu(以下の通り: QOL)を女性の癌患者に支える啓発活動をするということです。
パンテーンに関して、女性の癌患者の多くが癌の薬物療法の副作用、および女性の「美」においてまさしくそのである信じられている美しい髪で脱毛になりました、そして、それは脱毛で心配した女性の癌患者が、最大の心配の1つで「美のパワー」を渡すことができるだろうかどうか考えました。
そのうえ、行動します、と特定非営利活動促進法人のkyansa-ribonzuは思います。「美」がもっとも、重要な要素女性癌患者のQOLが「人生との癌患者結びつきの処理」に関して特に支持されるということであることは、癌患者のQOLを支持することを目指しました。
特に、かつらが脱毛で心配した女性のための「それは美しかった」というものであるよう要求されたので、「美」に関するノウハウとのヘアケアブランドの協力が不可欠であり、「美のパワープロジェクト」が2人のこの願望から成ったパートナーシップで出発したと思われました。
このアプローチの未来は医療が寄付された髪の房から作られて、提示されたので、2008、および9の秋にかつらを無視するとして看護学生への髪の貢献を上げました。
まだ。多く。医療。.かつらをつけてください。要求します。夏。パンテーン。売れてください。部分的に。製品。購入します。貢献。かつらをつけてください。生産してください。我慢強い。存在。支持します。ツール。作ります。分配します。目的とします。一般的。女性。参加。美しい。動かします。突出してください。始まってください。運んでください。なってください。

期間は7月1日–10月31日(..P&G出荷)の貢献目標(期待)の2000万円です。
「美のパワー」サイト(次のURLを示す)が確立されて、詳細は、導入されて. http://pantene.jp/kireinochikara に通知しました。

美のパワープロジェクトメンバー
岡山(特定非営利活動促進法人/朝日エルグのサブkyansa-ribonzu理事長輪議長)Hirokoコマツの恵子(セイント・ルークのNursing大学の特定非営利活動促進法人/教授の委員会のkyansa-ribonzu)(特定非営利活動促進法人/兵庫医療大学の副学長のkyansa-ribonzuディレクター)の**佐藤の美しい子供; **パワーShimomuraプロジェクトyumi Mochizukiヤマザキの貴子**議長(Pと公衆に知らせるジーンズのTe n)(慶応義塾大学の薬学部の特定非営利活動促進法人/教授のkyansa-ribonzuディレクター)の貴子、(特定非営利活動促進法人/のkyansa-ribonzuディレクター、癌/美のジャーナリストを経験する人)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


患者さん向けウェブサイト「がん情報ガイド」の開設 »
« がん死亡率、男性が女性を大幅に上回る 「がまん強さ」が原因?