Dr.中川のがんから死生をみつめる:/11 心臓停止と臓器の死

Dr.中川のがんから死生をみつめる:/11 心臓停止と臓器の死

再び生き物の「死」について考えたいと思います。
多細胞生物の死には、個人として個別細胞の死と死があります。 髪が離れる皮膚のセルが土(船底)などのボディーを作る約60兆のセルの約1%が毎日死んでいると言われています。 しかしながら、個別細胞が死んでも、私たちが私たちのように個々の個人の死でそれを言っているのは、考えません。
反対に、個人はいます、そして、すべてのセルが現在死んだので、「死亡」からの質問は全くありません。 1%のセルが毎日であり、ステージがしばらく「日常生活」からある、どれ、すべての全身が外に死ぬように死なせるセル。 「死」がどこかに段階にあります。 個人が厳密に死ぬ瞬間について決めるのは、難しいです。
脳は酸素を最大20%消費します、もっとも、2%の重さが重さしかありませんか? したがって、心臓の鼓動が止まって、神経細胞がすぐ死に始めるなら、それは酸素不足になります。 また、心臓が止まると、心臓や、肝臓や、肺や、小腸などの内臓のセルは、すぐに、死にます。 これらの内臓の後に移植できない理由が、心臓を止めるということです。 感動的な「脳死」(ドナー)のドナーから心臓をただ移植できます。
中であるなら、強く酸素不足に少しなった1時間後に、腎臓をこれに移植できます、そして、心臓は止まります。 より長い間、角膜を送ることができます、そして、心臓が止まった後に、約10時間まで移植できます。 個々の内臓とセルが死ぬ時はさまざまにそうです。
他方では、あるときだけ、法律上の死はそうです。 そこで徐々に死ぬという考えが全くありません。 死亡証明書には死亡時刻に関する1つのコラムがあります、そして、私たち医師はあるときそこでいっぱいになります。 今回だけが「人生と死の境界」になります。 それは「システムによって供給された死」です。 「言うなら。」
死が現行法によって決められた3ポイントは、停止と、息の停止と心臓のような生徒の散布サイズでした。 心臓や、肺や、脳などの人生を維持するのにおいて不可欠の3つの機能が止まるなら戻ることができないものであるので、それは死にます。
他方では、脳とこの死だけで人の死であると思われた「脳死」に関連する臓器移植法の改正は大きい議論です。 (Keiichi中川、東京の大きい付属病院、および緩和剤の准教授は診療ディレクターについて気にかけます)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん健診無料券/310人臨時雇用暮らし配慮京都市補正 »
« 県立大船渡病院 がん診療「緩和ケアチーム」編成