大腸がん、女性1位に 昨年の部位別がん死亡数

大腸がん、女性1位に 昨年の部位別がん死亡数

1番目に関して、昨年の死、大腸癌がなったのが理解される県の中で死んだ人の原因の場所は、初めて、県からの悪性新生物(癌)による女性の部分に従って13日までに人口動態統計(丸い数)を上回っています。 男性の肺癌は連続するトップ8の年です。 人々死(総)の数は1万8435人です、そして、251人の増加は前年と比較されました、そして、それは記録が残っている1950年以降の大部分です。 精神病と脳血管疾患(脳卒中)は癌を除く死因、福祉部が仮定する県の健康、「早期発見のアプローチと早期治療は再び重要性で認識を深めた」上位を占領します。
統計によると、昨年のセックスによる死の番号はそうです。9797 やれやれ。 ..(. . . .122 人増加してください。) そして、8638は女性です。 ..(.129人の.. ..increase…) この県への前のyearAsと比べて、癌(5247人と28.5%)、精神病(3080人と16.7%)、および脳卒中(2380人と12.9%)が死因の上位を占領する傾向は全の国と同じですが、老衰(735人と4.0%)の多くの比率が全の国と比較した少しがあります。
癌の部分に従って見るとき、男性は717人の肺癌の人々と567胃癌人の注文です。 女性に関して、316人の大腸癌は前年まで1位であった268の胃癌を引き抜きました。 そのうえ、死亡数は過去に大部分の193人のところに行ったのが際立っている乳癌のためです。
県の健康福祉部「多くの肺癌の要素は様々であるかもしれません、そして、喫煙は男性の要素の1つです。 女性の大腸癌と胃癌は食生活の変化による方が大きいという考えであり、同じくらいは全国的に傾向です。 」それはそれを作ります。
県は、「早期発見と早期治療」が減少で消え失せる人々の数に関連づけられて、癌の診察の相談速度向上のために活動を強化すると仮定します。 また、今年足利銀行などの民間企業と協力した啓発活動は、始められます、そして、それは、現在年度2012で20–30%のレベル最大50 %の受診率を改良することであることを目的としながら、掛かっています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


元がん患者だから分かる 女性の気持ちと「かつら」 »
« 重粒子線がん治療施設:長崎市が誘致表明 /長崎