重粒子線がん治療施設:長崎市が誘致表明 /長崎

重粒子線がん治療施設:長崎市が誘致表明 /長崎

長崎市の市長が施設が癌の治療に11日の都市に有効になるように言った重粒子線治療を引き付けるという考えであると申告した田上tomihisashi。 参事会による井原の東洋の1人の議員の一般疑問は答えられました。
田上市長「負荷が古い被爆者のためにボディーに寄りかからない施設。 国からインストールを要求したいと思います。 」それは説明しました。 施設の設置場所、スケール、時間などは未定です。
長崎の被爆者グループは、去年の8月に首相とのインタビューによるこの施設のインストールを要求しました。 また、参事会は今年の2月にインストールを要求する意見書を解決します。
重粒子線治療は言われています。標準電池への損害が他の放射、および効果的な治療のものより少ないのは、より可能です。 しかしながら、保険が療法がかかった約300万yenThereの巨額による据え付け費に適用されていないのが、千葉県と兵庫県の操作施設であるということであるので、自己負担になって、また、多くの問題があります。佐賀県も全国を通じて、Tosu市の九州への最初の施設設立(13年間のスケジュール)を目的としています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


大腸がん、女性1位に 昨年の部位別がん死亡数 »
« 泌尿器がん:正しい知識や治療法紹介--28日、神戸で /大阪