女性のがん10月から無料検診、他自治体も/横浜市

女性のがん10月から無料検診、他自治体も/横浜市

横浜市は、10月に子宮頸(Kei)癌と乳癌の無料の診察を実行します。 1年間の半分の間、有効な「持っていない調べをバウチャー」と診察紙入れは国で国で全額と補助金によって補正予算にがん対策販売促進ビジネスの部分を含む際に作られます、そして、それは物の人にそれを分配します。 国は全国の自治体のために216億円まとめます。 横浜市は、9月の3番目の例会への補正予算案が初めに補正予算案で約15億円まとめて、すっかり相当する計画をした提出を上げて、開会する下で2番目の例会で解決を目的とします。 また、県以外に2日に補正予算案を提出する動きと3番目の例会は自治体で広がりました。
診察の目的になるのにおいて、子宮子宮癌は、20歳と、25歳と、30歳と、35歳と、40歳です。 乳癌女性の40歳、45歳、50歳、55歳、および60歳。 横浜市において物になる女性は、2種類の診察へのそれぞれ約12万5000人です。
胸部X線写真診察に対応する組織は、約60の施設がある診察が横浜都市で子宮子宮癌によって受けられる医療機関がありますが、少しであり、180の施設と330の施設乳癌です。 都市の健康な福祉局は診察への協力のための胸部X線写真の機械部品がある医療機関に尋ねるので、レセプションのための準備を強化するのを目的としています。
都市のシステムが使用されているとき、子宮子宮癌の診察に関して、1370円(9,000に関して、これは切望する)で現在の状況の下で診察を乳癌に1360円(システムが使用されていないときの約7,000円)受けます。
「Growth戦略?未来への投資」Itが作る国のビジネスにおけるがん対策の販売促進、それは経済恐慌測定の1つ、および県の横須賀市、平塚市などの別の自治体に見つけられています、そして、小田原市も9月に例会に提出される請求書を目的としています。
実施期間は長いです、そして、提出はそれを安全にしたがっている理由から現在、藤沢でもミーティングなどを開く例会まで調べられます。人口の多い横浜市都市の以外になど。 相模原市は7月の臨時議会への提出を考えています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ローラン・フィニョンがTVで癌を告白 »
« 長崎市長表明 重粒子線施設誘致へ がん治療 高齢被爆者に効果