長崎市長表明 重粒子線施設誘致へ がん治療 高齢被爆者に効果

長崎市長表明 重粒子線施設誘致へ がん治療 高齢被爆者に効果

最先端の放射線治療であった重い粒子線が使用された癌の治療施設を引き付ける、長崎市の市長が申告した田上tomihisashiは、11日の参事会一般疑問によって始動されました。 重い粒子線に関して、癌が短期間作動せずに回復できて、古い被爆者の癌の治療による使用が予想されるので、ボディー荷重は少しです。
田上市長「老いている被爆者の負荷は減少できます。 高い建築費や治療費や医師の安全にすることなどの問題がありますが、国から施設インストールを要求したいと思います。 」それは話しました。 引き付けられた場所と時間には、決心がつかない人、および県の選挙国会のメンバーなどの協力のために国会を解散して総選挙を行う政策があります。
独立行政法人と放射線医学総合研究所(放射線医学総合研究所と千葉市)に従った重い粒子線における特徴は、ボディーの深さの癌に標準電池への影響を最小限に抑圧することによってそれを集中して照射することであることができます。 過去のXの原子核がひらめく陽子線より高い、そして、水素の難しい(陽子)が照射されると言われている、効果、骨肉腫、肺癌、肝臓癌、そして、物品税に、扱うことができます。
問題は、合計で約150億円まで上がる治療装置と病院の建築費です。 治療費は示されます。保険が適用されていないので、それは300万円以上かかるでしょう。
それは、県の粒子線健康が放射線医学総合研究所との(都市の..the兵庫県の通過)を中心に置く兵庫の2つの場所にはあって、この年の群馬大学(前橋市)の終わりまでに治療開始の計画をします。重粒子放射線治療施設現在。 佐賀県はTosu市と神奈川県が2013年に2014年に横浜市で構成するプランを進めています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


女性のがん10月から無料検診、他自治体も/横浜市 »
« がん闘病中の朝日医師講演/「さぬきの絆」3周年