がん闘病中の朝日医師講演/「さぬきの絆」3周年

がん闘病中の朝日医師講演/「さぬきの絆」3周年

最近「sanukiのボンド」という香川癌患者協会債券の設立の3周年を記念する講演会は、香川県の高松市です、そして、それは病気に対する戦いにおけるこの我慢強い協会の設立、高松市、=の診療所理事長が、自己の癌患者としての体験談が現在治療すると発表するasahi、および朝日Toshihiko(62)のために努力します。 病気と良いお互いに関して、生活は以前、方向に重要です。最後まで. 現在の経験をあなたに返したいと思います。「. . 軽くなるホールを埋められて、行った聴衆は、」Narratorに増えました。
朝日は元県の主要な病院泌尿器科理事長です。 人のポストに行く直後それは1983年に明確に「癌の告知」と「終末期医療」に働いています、そして、多くだけが取りに出席しました。 「あまりに遅く」、それは判決を下します。胃と9月の肝臓は年続きます。 ..癌を見つけます… それは家族で議論します、そして、診療所で抗ガン剤を扱い続けている間、それを扱っています、週の間の現在の秒に「遅過ぎるなら、作動するのは、必要ではありません」と言って。
「私の経験Itは言われていて. 」権利を与えるところのThough朝日が講義する末期ガンが、「それはそうです」と感じたということです。「早さ、ちょっと」、いつかに通知します。「癌はそれを準備するのが、可能である病気が、消えるということです。 私は、それを歓迎したと思いました。 」それは解決されます、そして、感じは顕にせられます。 自ら、DVDへの葬儀における「分離の挨拶」がすぐに、風が吹き込んで、時にユーモアを交換する間、「その後に、それははいで楽しく死を迎えて、あなたから分離するのは目標になりました」と言って、それは見返しました。
人生のレビュー
意見が変化しないと言われている、自ら、癌で、それはこれまで「癌は続かなければなりません」と講演で言った朝日ですが、違反されます。 「私は人生のレビューの時間で幸福を感じます、そして、反射は今、故意に感じることができます。 それが心臓発作であるそのような時、脳卒中にかかることができませんが、それが癌(死のそばの)である時があるので、プランを立てるのは、簡単です。 」。

そのような病気と良いお互いの方法として「癌が向上するなら、嬉しいです。 状態を悪化しても意気消沈しないで、受け入れるのは、それのように重要です。 それで、人生に偏重しないなら、人の心から負荷を公正に取ります。 」。おまけに「強力な敵はナンバーワンの圧力です。 それは来世に関する見通しで死における恐怖をきちんと和らげるなら人と家族関係を素晴らしくするのが可能です。穏やかな心それを費やすために。 」とも。

自供されて、以上前より患者で親切に掛けられた状態で生まれたのを声に出す朝日。 「できてください。それを癌になって、多くの人々によって支持されて、生きて、実際に感じるそれ。 謝意が人が役に立つ掘り出し物と目標が練習されるのが世話になっている人、およびそれに示されるなら、左の時間をかなり費やすことができます。 また、せっかく癌にかかったので、何かを学ぶのも重要です。 」それは強力に解決に上告しました。
それは家族でそれについて議論します。話に患者、家族、医療人、および朝日の中で、より良い関係に関して達します:「家族、それらの長い寿命は、問題の人(その世界への)が、私を少しでも容易に行かせるようにそれに言うことができるように、望んでいます。 医師は問題があるので、問題の人の望みより戻ったままで残っている家族の意志を不快に最優先させざるを得ません。 」苦しむ医師の見地は患者と家族に表されます。 それがアドバイスされたと「1日頃に関して家族で十分話それが欲しいかったです」。「その世界に快い出発が欲しいです。」

- sanukiのボンド
最後まで患者と家族について正確な情報を得ることによって同意していて、生きることができる医療をそれが支持される受け取るのなどを目的とする、お互いである、それは、2006年に朝日の職業でそれを設立します。 胃癌や乳癌などのすべての部品の患者と家族を狙うと、勉強会と交換協会は定期的に特徴で積もります。 この我慢強い協会への問い合せは4490です。事務局と電話080(3925)…

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


長崎市長表明 重粒子線施設誘致へ がん治療 高齢被爆者に効果 »
« 乳がん・子宮頸がん 検診受診率を上げるメッセージとは